「iStick Power Nano」キットとしてバンドルされていたクリアロマイザーになります。

 

公式サイトはこちら

 

 

ー スポンサーリンク ー

外観

eleaf_melo3nano_01バラした状態です。カラーバリエーションが無く"シルバー"だけです。
手前から、

  • ドリップチップ
  • トップキャップ
  • ガラスチューブ
  • ベース

 

 

製品仕様

melo-3-nano_04

eleaf_melo3nano_02付属していたコイルです。
“ECML 0.75ohm Head”という名称です。

 

 

eleaf_melo3nano_03ベースに取り付けます。

 

 

eleaf_melo3nano_04上から覗くと、メッシュで覆われています。

 

melo-3-nano_05

このような小さなコイルが入ってます。

 

 

eleaf_melo3nano_05ガラスチューブを付けます。

 

 

eleaf_melo3nano_06トップキャップを取り付けます。

 

 

eleaf_melo3nano_07ドリップチップを取り付けます。
510です。

 

 

eleaf_melo3nano_08流石にクリアロマイザーなので単純な構造です。

 

melo-3-nano_060

リキッド補充はトップキャップを外して、コイルヘッドとの隙間からソロソロと入れます。
初回は30分位放置してコットンにリキッドが浸透するのを待ちましょう。

 

吸ってみた

melo-3-nano_11

 

エアフローはコントロール可能です。時計周りで開放です。外見からはエアホールが見えない構造でちょっとお洒落。
完閉だと重め、全開だと軽めのドローで調整レンジは狭いかな。

味の出方は、“RDA”に慣れちゃっているので薄いですね。ひどく薄いって程ではないけど。煙の量も少な目かなぁ。
正直、質の高いコイルでは無い印象です。

 

まとめ

このアトマイザー、単品販売もされてはいるけど“RBA”デッキも無いし、これ買うならKangertechの「Toptank Mini」とか買ったほうが良いです。
「Toptank mini」なら、初めはプリメイドコイルで使用して、付属の“RBA”デッキでのちのちビルドも出来るし良いかと思います。
なので「MELO 3 Nano」はオススメ出来ません。

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ