レビューじゃないです。ほぼ写真集。

 

 

今回はレビューじゃないんです。すでにレビューしたiStick Pico Baby Kitですが、もう一回取り上げます。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:ベプログショップfa-external-link

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

見ていきましょう

意味もなく屋外にて開封。

 

 

 

 

一応、クリアロマイザーとセットのキット品です。そもそもキットに入ってる「GS Baby」というアトマイザーしか使用出来ません。ここが最大の欠点!

 

 

 

 

内容物詳細については既出のレビューを参照くださいね。

 

 

この記事の初出は早かった。ブログに限って言えば世界で一番早かったかもしれん。だからどうだっての。

 

 

 

今思えば初代ていうか無印Picoは海外ショップに予約して購入したんだったなー。もう2年も経ったんだ。

 

あれから様々なバリエーションが発売されました。『25』やら『Mega』やら『Squeeze』やら。

 

 

 

 

今回の『ーBaby』に至ってはパフボタンの位置や構造の変更に、アトマイザーはステルスタイプとなり内包されています。とにかく究極なまでのコンパクト。

 

 

 

 

バッテリーも内蔵されちゃったし。そこについては俄然不満はありますが。

 

 

 

 

外見の良くなった点は、トップとボトムのプレート厚が薄くなったので洗練度が増した印象。

 

 

 

 

私は小さいの好きだから良いけど、小さすぎて扱いづらいってのもあるんだよね。手の中で遊ぶって言うか、ポジションが決まらないって言うかね。

 

 

 

 

このロック機構付きパフボタンはホントに感じいいんだけど。それだけに18350バッテリーで使用したかった。

 

 

 

 

とりあえず小さいんだよねー。ポケットに忍ばせておける。(ちゃんとロックはしときましょう!)

 

 

 

 

評価:iStick Pico Baby Kit |6/10

 

しばらくの間使用しての評価ですが、色々と勿体ない機種だなって印象。根本的には初回レビューと変わらないです。

本体の仕様については割り切れば良いのです。が、アトマイザーの出来は良いとは言い難い。コイルヘッドが0.75Ωというわりに味が出ないんですよね。

使っていてもホントーにこんな抵抗値か?って感じ。サブオームって感じがしない。凄くリキッドの減りも遅いし。

せめてこのアトマイザー以外を使用出来れば!!

 

でもまぁ、この見た目が気に入ったなら、そう高くも無いし入手しても良いんじゃないですかね?サブ機のサブとして。

 

 

 

 

ご購入はこちら

ベプログショップ|iStick Pico Baby Kit

 

 

▼ 替えコイルヘッド ▼

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ