2018年Eleafの新作はメガヒットMod「iStick Pico」の21700バッテリー対応版です。

 

どうやら現在の主流である「18650」から「21700」や「20700」といったバッテリーへの移行が始まっているようです。各大手メーカーからこういった新しいバッテリーに対応したレギュレーテッドが続々登場してきています。そんななかEleafは手始めとして安パイ的にiStick Picoを改修して出してきたようです。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:VapeSourcing

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ&付属品

さて開けていきます。まず目立つように警告カード類が入っています。

 

  • 正常なバッテリーを使用しましょう。
  • アトマイザー使用前にコイルヘッドにリキッドを垂らしておきましょう。

 

といった必ず守らなければならない2大要素ってところですね。

 

 

とりあえず中身全部出してみます。

 

内容物一覧
・iStick Pico 21700
・ELLO Atomizer
・4ml用ガラスチューブ
・4ml用チムニー
・ドリップチップ
・スペアOリング
・コイルヘッド2種
・USBケーブル
・取扱説明書

TPD対応のためアトマイザーの初期装着は2ml用のタンクとなっていますが、ちゃんと4ml用のパーツも付属しています。

 

 

 

付属のUSBケーブルはクイックチャージ対応品。出力側が対応していれば手早く充電出来ていいですね。

 

 

 

iStick Pico 21700 外観/仕様

iStick Pico 21700 製品仕様
・サイズ:26×51×77mm
・重さ:96.6g
・バッテリー:21700/18650
・電力:1-100W
・電圧:0.5-9V
・出力モード:VW/Bypass/TC(Ni/Ti/SS/TCR)
・抵抗範囲:0.05-1.5ohm (TCモード)/0.1-3.5ohm (VW/Bypassモード)

http://www.eleafworld.com/istick-pico-21700-with-ello/

 

提供頂いたカラーは「Greenery」ってヤツらしい。今回は最初から「Brushed silver」があるようですね。

 

 

 

ELLO Atomizer 外観/仕様

ELLO 製品仕様
・径:25mm
・高さ:46mm
・重さ:45.6g
 ・リキッド保持量:2ml/4ml
・抵抗範囲:0.05-1.5ohm (TCモード)/0.1-3.5ohm (VW/Bypassモード)

前述通り2ml用のガラスチューブが初期装着されていますので、とにかく丈が低いですよね。

 

 

 

こちらが初期装着のドリップチップ。トップキャップのテーパー部の流れから角度が変わるといったタイプ。

 

 

 

んで、こちらが付属のほうのドリップチップ。ストレートなカタチで内径が広いんですね。

 

 

 

ELLO Atomizer 詳細

 

とりあえずバラしちゃいます。

 

クリアロマイザーらしいシンプルな構成です。

 

 

 

リキッドの注入はトップキャップをスライドして行えるタイプ。これ便利ですよね。

 

 

 

iStick Pico 21700 詳細

2018年でもまったく現役なiStick Picoから、一見では違いに気づけないくらいの小変更。バッテリーキャップがちょっと格好良くなった?

 

 

 

使用バッテリーが21700と大きくなった事により筐体サイズも大きくなり、乗っけられるアトマイザーも25mmまでの対応と拡大しました!

iStick Picoの最大の欠点でもあった22mm径までの制約から解放されます。

 

 

 

パフボタン形状もやや変更されています。

 

 

 

パフボタン、スクリーン、USBポートの配置に変更はないですね。

 

 

 

筐体サイズが拡大してもサブボタンの移設は行われず相変わらず底。個人的にはどっちでもいいのですが、底にあったほうがボタン類でゴチャつかずスマートな外観だから良いって人もいれば、ユーザビリティで不満という人もいるでしょう。

 

 

 

iStick Pico とのサイズ比較

こうして並べてみると、それなりに大きくなったのがわかります。

 

 

 

iStick Pico 21700 を使ってみる

キャップを外してバッテリーを挿入していきます。表示の視認性がよくなった気がします。

 

 

 

私はまだ21700バッテリーを所有していませんので、付属の18650アダプターを装着しての挿入です。

 

 

 

iStick Pico 21700 操作説明

 

簡単に操作説明を書いておきます。といっても取扱説明書の翻訳です。

 


 

電源On/Off:パフボタンを5回すばやくクリック。

モード選択:パフボタンを3回すばやくクリック。 デバイスの電源が入っていると、VW、バイパス、TC-Ni、TC-Ti、TC-SS316、TCR-M1、TCR-M2、TCR-M3の順にモードを切り替えることができます。

 

ワット数を調整する:VWモードでは、+/-ボタンを押してワット数を調整できます。 +/-ボタンを押し続けるとワット数が急激に増減します。 TC(Ni、Ti、SS、TCR-M1 / M2 / M3)モードでは、まずパフボタンを4回連続して押し、+/-ボタンを押してワット数を調整します。

温度調整:TC(Ni、Ti、SS、TCR-M1 / M2 / M3)モードで+/-ボタンを押すだけで温度設定を増減できます。

その他の設定:パフボタンと+ボタンを同時に押して設定メニューに入る。

 

  • TCモードでコイルをロック/ロック解除
  • ステルスモードをオン/オフ
  • メインインターフェースに表示するパラメータ選択
  • VWモードでプリヒートを有効/無効
  • TCR(M1 / M2 / M3)モード。TCR値を設定するには+/-ボタンを押し、選択を確定するためにパフボタンを1回押します。

 

設定が完了したら、EXITに移動してパフボタンを1回クリックして確定し、メインインターフェイスに戻ります。

 


 

今回はアイコン表示が採用されました。アイコンとその内容を覚えなきゃね。

 

 

 

コイルヘッド

使用するコイルヘッドはもはやお馴染みのシリーズ。同梱されているのは「HW1-C」と「HW2」でした。

 

http://www.eleafworld.com/hw1-c-head/

 

 

シングルバッテリー機種という事で、ちょっと控えめなモノが選ばれているようですね。

 

 

最初の警告にもありましたが、使用前はコイルヘッドのコットンにリキッドをふくませておきます。

 

 

 

次いでタンクにもリキッドを補充しておきます。そして15分以上は放置してコットンへの浸透を待ちましょう。

 

 

 

iStick Pico 21700 と ELLO Atomizer で吸ってみる

さて、この瞬間が一番楽しみ。どのような風味を出してくれるのかっ!

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

うん、濃すぎず薄くもない、ホント中間的な濃さの風味を出してくれます。   結構いいコイルヘッドだなぁって印象を受けました。EleafJoyetechのデュアル・トリプルコイルのモノはとにかく濃い味なのですが、これはシングルなだけあって抑えめ。 でも物足りないとかは無いですね。それでも50Wはかけてますからリキッドの消費は速いです。

ちなみにエアフローコントロールで絞れるのですが、絞っても半分位までかな。あまりエアー量を減らすとジュルってしまう感じ。

 

 

 

まとめ

総合点
良い点 iStick Pico 21700

・重量が軽い

・25mmアトマイザーまで対応

・必要充分な機能

 

ELLO Atomizer

・リキッド補充がラクチン

イマイチな点 iStick Pico 21700

・外観と機能に目新しさが無い

 

ELLO Atomizer

・燃費が悪い

 

持ってみるととても軽く感じます。乗せてるELLOが重くて重心が高く感じるくらい。握るのに最適なサイズ感だし扱いやすい。 21700バッテリーを持っているならアリですかね。とりあえず18650でも使えるから最初のボックスModとして選ぶのもいいけど、それなら「iStick Pico 25」てのもあるからねぇ。

 

 

 

ご購入はこちら

ディスカウントコード「vscoupon」で値引き!

 

Mod単品はこちら

iStick Pico 21700 Mod

 

コイルヘッドはこちら

HW1

HW2

HW3

HW4

HW1-C

 

ー スポンサードリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ