iStick S80 by Eleaf レビュー|小型テクニカルMOD【極小】

 

小型バッテリー内蔵MODだよ。

 

 

久しぶりにEleafの製品をレビューします。小型なMODです。極小と言えるサイズ感ながら出力がパワフル。ポッドもいいけど、やっぱこういったのも使いやすくて良い感じ。

 

 

 

── 提供|VapeSourcing ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Eleafの小型iStick S80キットのパッケージ

 

パパパッと行くぞ。まずパッケージ。製品名はiStick S80と言います。その名の通り最大出力80Wなのです。サイズ感はあとで見るけど、これまでであればこういった大きさのMODは最大でも40か50Wといった出力だった。それが80Wですよ.....。バッテリーは1,800mAhなので少なくはないけど、う~~ん、そんなに出力高める必要ある?って感じはする。それ言っちゃお終い的なモデルなんだけどね。

 

Eleaf iStick S80 Kit 80W 1800mAh with GZeno Tank
created by Rinker
Eleaf

内容物

Eleafの小型iStick S80キットの内容物

 

  • iStick S80
  • GZeno Tank
  • GZ 1.2Ω
  • USBケーブル(タイプA:タイプC)
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

製品詳細

アウトライン

Eleafの小型iStick S80キットのMOD本体とクリアロマイザー

 

キットなのでアトマイザー付き。今回紹介するカラーはマット・ガンメタルとなっております。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体の正面画像

Eleafの小型iStick S80本体の真正面からの画像
Eleafの小型iStick S80本体の斜め後ろからの画像

 

Eleafの小型iStick S80本体の俯瞰からみた画像
Eleafの小型iStick S80本体の底面の画像

 

メッシュのようなパネルパターンが個性となっているのと、とにかくカッチリとした造り。

サイズはW:33.5 x D:25.5 x H:67.5mmとかなり小振りです。

亜鉛合金かつバッテリー内蔵なのでかなりズッシリとした重さ。塊感すげぇ。実測で133gですから、iStick Picoに18650バッテリーを装着した状態と同じくらいです。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体を小型MODと並べた画像

 

テクニカルMODとしては「極小」に分類されるサイズ感となっています。

 

ディテール

Eleafの小型iStick S80本体のコンタクトピン

 

上から順に見ていこう。当然ながらアトマイザーとのコンタクトは510で、エッジ部の傾斜から見るに直径24.5mmまでのアトマイザーがオーバーハングせずに乗せられます。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体のストラップホール?

 

ん?ストラップホールか?アトマイザー装着後の合算で相当重くなるのですが...。余計なものは無いほうが好みだなぁ。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体のパフボタンを斜めから見た画像

 

パフボタンは指の引っ掛かりが良い下部が飛び出した形状。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体のパフボタンを真横から見た画像

 

横から見るとこう。これがめっちゃ押しやすくて良いんですね。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体のスクリーン表示イメージ

 

スクリーンはカラーで表示のレイアウトも考えられてて、よくある汎用臭さが無いのが良い印象ですね。

ワッテージ表示が大きくて見やすい!

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体の充電用USBタイプCポート

 

内蔵バッテリーなのでこちらのタイプCポートから充電を行います。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体を充電中の画像

 

最大2A充電が可能とのこと。満充電までめっちゃ早いでしょう。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体のメッシュ状パネル

 

パネル両面にメッシュ状パターンが彫られています。案外クセの強くない柄なので悪くないかな。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80本体底面のベントホール

 

底にはベントホールが空けられています。

 

 

ベントホールについて

 

バッテリーが限界を超えた放電要求により過負荷状態が続くとガスを吹きます。そのガスでMOD内が満たされると破裂して破壊される可能性があります。それをMOD外に効率よくガス抜きする為に空けられているのが通称「ベントホール」という排出口です。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankの画像

 

キットなのでアトマイザーが同梱されています。クリアロマイザーGZeno Tankです。直径は24.5mm。

サラッと流そうと思ったけど意外に個性があったので紹介。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankの窓ガラス

 

正にガラス窓となっていて内部を見透せる構造で破損に強そうです。見ため的な好みは強く受けそうな印象ですが、こういったキット付属のクリアロマイザーをいつまでも使うケースって少ないですよね。なので何でもいいですってのが正直なところ。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankの底面

 

底面は一見、特に変わっている部分はありませんね。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankトップキャップを外した画像

 

トップキャップは90度回転で着脱出来るタイプ。便利。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankのフィルポート

 

フィルポート(リキッド注入口)は狭め。けどタンク内にうまいこと流れていく傾斜となってる。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankのベースパーツを外した画像

 

このアトマイザー、タンクパーツとベースパーツの着脱も90度回転でOKです。

これは思い切ったな、そう思いました。実際のところMODから外そうとした時に誤って外れてしまう事がありました。使用時はコイルヘッドが挿さってるからタンク内のリキッドが漏れ出る事はないけど。

コイルヘッド交換の頻度って高くないから、ここを簡易構造にしなくてもよかったかと思う。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankに使用するコイルヘッド

 

使用するコイルヘッドはGZ1.2Ωで、推奨ワッテージは7-13Wとなっています。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キット付属のGZeno Tankのコイルヘッドの内部画像

 

内部のコイルは.....メッシュなのか?上から見たところ肉を焼けそうな網となってるが、中央は一般的なコイル?これは公式も特に言及していないのでよくわからんね。まぁとにかくこういったコイルです。

 

 

 

 

Eleafの小型iStick S80キットの画像

 

MODと組み合わせた状態です。小型MODに直径24.5mmのアトマイザーなので、あまりバランス良くない見ためかと思う。

操作方法と保護機能

Eleafの小型iStick S80の操作説明イメージ画像

 

 

 

 

操作方法

電源オン/オフ:パフボタンを1.5秒以内に5回連続して押して、デバイスの電源を入れたり切ったりする。

蒸気を吸い込む:デバイスの電源を入れたら、パフボタンを押し続けて一気に吸い込んでください。

充電:デバイスは、USB Type-Cポートによってウォールプラグアダプタまたはコンピュータに接続して充電される。

ワット数の調整:VW/スマートモードにおいて、ボタンを押して直接ワット数を調整される。+/-ボタンを押し続けると、
快速にワット数を増減される。

調整ボタンのロック/ロック解除:調整ボタンをロック/ロック解除するには、パフボタンを3回押してください。

インターフェース操作:デバイスの電源を入れたら、「+」「-」ボタンを同時に押し続けるとメインメニューに切り替えられる。


Eleafの小型iStick S80の取説画像1
ボタンを繰り返して押すと、(1)スマート、(2)パフ、(3)カラー、(4)デフォルト、(5)IDチェックから選択されるようになり、パフボタンを1回押したら選択を確定される。それらのサブメニューにおいて、+/-ボタンを押して移動または調整し、パフボタンを1回押したら確定される。

 

 

Eleafの小型iStick S80の取説画像2

 

(1)スマート:装着コイル抵抗値によりワッテージが自動設定される

(2)パフ:直近7日間のパフ回数カウント

(3)カラー:テーマカラー変更

(4)デフォルト:初期状態に戻す

(5)IDチェック

 

 

保護機能

カットオフ:時間超過吸い込み時間が10秒を超えると「OVER TIME」と表示される。
コイルなし:デバイスがアトマイザーを検出できない場合「NO COIL」と表示される。
コイル短絡:出力負荷抵抗が0.15Ω未満の場合「Coil Short」と表示される。
デバイス過熱:短絡が発生した場合、またはデバイスの温度が警告温度を超えた場合「DEVICE TOO HOT」と表示される。
バッテリーロック:吸い込む前にデバイスの電圧が3.3V未満の場合「BATTERY LOCK」と表示される。
バッテリー残量低下:吸い込んでいる間にデバイスの電圧が2.85V未満になった場合「BATTERY LOW」と表示される。

 

 

吸ってみる

Eleafの小型iStick S80のGZeno Tankにリキッドが入った状態

 

 

抵抗値が高め1.2Ωでワッテージは10Wという低出力で吸ってみます。

ーーーそれなりに、ではありますが風味が出てくれます。昨今はポッドMODに搭載されるコイルの性能向上が目ざましくて、それらと比較するとこんなにゴツい金属製のアトマイザーで、ってのがありますね。決して悪くない、控えめな風味を好む人には納得出来る風味はありますけど、わざわざコレをコイルヘッド買い増してまで使い続ける必要は感じられないかな、という印象。

 

まとめ

Eleafの小型iStick S80キットのまとめ

 

 

やはりアトマイザーのほうはスルーという結果。

リキッドによっては13Wでもドライになる。全般あまり魅力なし。

 

 

Eleafの小型iStick S80と極小MODを並べた画像

 

iStick S80は良いですね。これまで小型バッテリー内蔵機はいくつも触れてきてますが、最新の充電ポートにカラースクリーン、悪くない(というかむしろ良い)筐体質感。小型なのにパワフル。

カーブモード(出力曲線調整)が無いところ、抵抗値によっては出力上限が(良くも悪くも)制限される等、機能面で気にならなくもないけど普段使いで不足となるものでもないです。

小型テクニカルMODを持っていなくて欲しいなら選択肢には十分入ると思う。

 

製品仕様

Eleafの小型iStick S80の詳細スペック

iStick S80
タイプ テクニカル
大きさ W:33.5 x D:25.5 x H:67.5mm
重さ 133g
材質 亜鉛合金
バッテリー 内蔵1,800mAh
出力 1~80W
対応抵抗値 0.1~3.0Ω
スクリーン カラー0.96㌅
コンタクト仕様 510
カラーバリエーション 全6色

ご購入はこちら

Eleaf iStick S80 Kit 80W 1800mAh with GZeno Tank
created by Rinker
Eleaf
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ