大容量4,400mAh内蔵バッテリーの質感の良いレギュレーテッド。

 

Eleaf「iStick NOWOS with ELLO Duro」は大容量バッテリーにステルスなディスプレイ、タッチボタンを搭載。USB TYPE-C搭載で高速充電が可能なレギュレーテッドに、メッシュ材を用いた爆煙系クリアロマイザーを組み合わせたキット品です。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

提供元:VapeSourcing

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

iStick NOWOS パッケージ

 

パッケージですが、不自然に紙を貼り付けてあります。

この紙の下に誤植でもあったのでしょうかね。正規流通品では修正されているでしょう。

iStick NOWOS パッケージ裏

 

キット品ということで色々と入っていますね。

 

 

 

iStick NOWOS 開封

 

それでは「iStick NOWOS with ELLO Duro」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

iStick NOWOS 内容物

 

  • iStick NOWOS(バッテリー)
  • ELLO Duro(クリアロマイザー)
  • QC USB3.0 ケーブル
  • コイルヘッド(HW-N / HW-M)
  • ガラスチューブ(スペア)
  • アクセサリーバッグ
  • 取扱説明書x2(日本語記載有)

iStick NOWOS スペアOリング

 

  • スペアOリングx5 / フィルポートx2

 

製品仕様

画像引用元Eleaf公式

 

iStick NOWOS

 

  • 大きさ43x28x83.5mm 
  • 重さ150g
  • バッテリー容量4,400mAh
  • 最大出力80W
  • 最大出電圧9V
  • 対応抵抗値0.1-3Ω
  • 安全機能過充電/過放電/過電流/短絡/高温低温保護/10secカットオフ
  • カラーバリエーションblack/red/blue/silver/dazzling 

 

 

ELLO Duro

 

  • 大きさΦ28x54mm 
  • 重さ57g
  • リキッド保持量6.5ml
  • 対応コイルヘッドHW-N / HW-M

 

 

製品詳細

iStick NOWOS 外観

 

レビュー品のカラーは『Red』です。全5色ですが側面は『黒』と『白』の2パターン。

 

Redは黒色なのですが、とにかく反射しまくりで映り込みまくりで埃が付着しまくり。指紋も付きまくりです。

だけど、それだけにとっても綺麗ですよ。

 

iStick NOWOS 正面

 

正面。とにかく造形を第1に拘って造られたレギュレーテッド。

では細かく見ていきましょう。

 

 

 

iStick NOWOS コンタクト部

 

コンタクトはいつも通り510スレッド/スプリングローデッド仕様。

アトマイザーベースが26mm径までオーバーハング無しで乗っかるサイジング。

 

 

iStick NOWOS パフボタン

 

パフボタンはΦ13mmくらいの大きさ。

凹凸付けてありますので滑らず押しやすい。

 

iStick NOWOS パフボタン

 

しっかりと突出していて押し心地もカチカチとしっかりとあります。

 

 

 

iStick NOWOS リセットボタン

 

正面下部にはリセットボタン。

バッテリー内蔵型ですので、通常のリムーバブル出来るModのように動作異常が起きてもバッテリーを外す事が出来ないための緊急用です。

 

 

 

iStick NOWOS USB TYPE-C端子

 

背面にはUSBポート。

内蔵バッテリーが4,400mAhの大容量!充電に時間が掛かるのも仕方ない...というのが従来の製品ですが「iStick NOWOS」には最新のTYPE-C端子を装備しています!

QC2.0の9V/2Aで充電を行えば、この大容量でもわずか1.2hで充電可能とのこと。

 

保護機能により-5 ℃から50 ℃までの温度から外れる場合は充電が停止されます。 

 

 

iStick NOWOS ベントホール

 

底にはベントが空いています。立てて置いててもガスが抜けるよう窪んでいます。

 

 

 

ELLO Duro 外観

 

キットのクリアロマイザーは「ELLO Duro」です。

既に別のキット品でレビュー済みですので今回は割愛します。

 

 

メッシュ材のコイルヘッドを用いた爆煙系クリアロマイザーです。

そういや「Lexicon」もビジュアルに拘った製品でした。

 

 

iStick NOWOS with ELLO Duro 外観

 

キットとして組み合わせるとこのようになります。

 

操作方法

iStick NOWOS ディスプレイ

 

電源On/Off

 

パフボタンを5回プッシュで電源On!

すると画像のように片面に表示されます。この表示サイズがデカイ!パッケージで描かれていたものの、実際に表示してビックリしました。これは斬新。

 

 

iStick NOWOS ワッテージ調整

 

「iStick NOWOS」はワッテージモードしかありません

 

ワッテージ調整

 

電源On時にパフボタンを3回プッシュすると画像のように表示面下部に◯が2箇所浮き出ます。左がマイナス、右がプラス。

物理キーじゃないのでタッチ式です。

 

  • 20W未満は0.1W刻みで調整可能
  • 20Wからは1W刻みでの調整
  • ペイピング時はパフ時間のカウントが表示
  • 短絡時はSHTを表示

 

 

TC(温度制御)やプリヒート等は搭載していません。表示に関しても電圧は見れないし、カラーや輝度調整も出来ません。

 

一定時間放置すると表示は消えます。非表示時は真っ黒で何も無い状態。

 

この色々削ぎ落とした感じが好きな人には堪らないでしょうね。

 

 

まとめ

iStick NOWOS まとめ

 

iStick NOWOS

 

  • 質感|良 ●ー●ー●ー● 
  • 大きさ|大 ●ーー● 
  • 重さ|重 ●ーー● 
  • 機能|多 ●ー●ー 
  • 安全機能|良 ●ー● 

iStick NOWOS まとめ

 

とても質感が良くシンプルな使用感

標準的なテクニカルModが持ち合わせる機能といったものがありません。

プリヒートだけでも欲しいとは思います。ですがここまで機能を削ぎ落とし、保護機能はキッチリと搭載しているのも良いですね。スマートさがあります。

 

使っていてもバッテリーが減らないので、実際どれくらいの実用量なのか不明ですが、おそらく21700クラスと捉えて良いでしょう。

1日使っても余裕があり、2A充電機器を持っていれば短時間で充電可能。ここまで来ると内蔵型でも悪くない。

 

 

iStick NOWOS まとめ

 

こういった製品を見ていると業界全体として、Modの新機能も出現しないのでとりあえずガワに拘った。そんな感覚を受けるのは否めない。

新規性が無かろうと新製品を出し続けないとならない状況なのか...経営方針なだけか...

いづれにせよ潔い造りで「iStick NOWOS」は良かったです。

 

ご購入はこちら

送料無料!

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ