金属ボディに2種類のエアフロー Elven by Eleaf ポッドレビュー

 

金属ボディに2種類のエアフローなポッドデバイス。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

提供元:VapeSourcing

 

 

ー スポンサーリンク ー

概要

Official Eleaf Elven

 

Elvenは洗練されたデザインのポッドデバイス。

 

  • 美しくて丈夫な金属仕上げ
  • 2種類のエアフロー
  • 簡単なサイドフィルソリューション。ノーリーク
  • オートパフシステム
  • ニコチンソルトに最適化

 

優れた利便性と移植性を提供するElvenポッドは外出先での保管や、単に使いやすい保管庫を探すのに最適な選択肢です。

 

パッケージ・内容物

 

途切れなくリリースされますね、ポッドタイプのデバイス。

 

 

 

さっそく開けて、あけ、あ、あれ?

入ってないやん!虚しくもビニールの抜け殻だけがある...

これはひょっとして入れ忘れかーー!!

 

 

と、一瞬焦りましたが、底に入っていました。漂う無理矢理感。。

それでは「Elven」開けていきまーーす。

 

  • Elven 本体
  • カートリッジx2(1個は本体装着済)
  • USBケーブル(QC対応)
  • 取扱説明書(日本語記載有)

 

製品仕様

 

  • タイプ|ポッド
  • 大きさ|20x10x100mm
  • 重さ|24g
  • 材質|不明
  • 使用バッテリー|内蔵360mAh
  • スクリーン|無
  • 出力|不明
  • モード|
  • コイル抵抗値|1.6Ω
  • リキッド保持量|1.6ml
  • 保護機能|短絡 / 過充電 / 過放電 / 10secカットオフ
  • 最大充電電流量|2A
  • ファームウェアアップデート|不可
  • カラーバリエーション|Black, Red, Silver, Gold, Blue

 

製品詳細

 

材質はアルミですかね。触れると金属らしい冷たさがあります。

 

透過しているのがカートリッジで、リキッド残量確認窓もあります。

窓からはチャンバーも見て取れますね。

反対にお尻側にはインジケータがあります。

 

 

Official Eleaf Elven

 

充電はお尻にあるUSBポートに挿して行います。

QCでの2A充電可能でバッテリー容量も360mAhですから、満充電まですこぶる早いでしょうね。

 

 

 

 

実際の点灯はこのような感じ。以下のタイミングで点灯します。

 

  • カートリッジ装着時
  • 充電時
  • 吸引時

 

バッテリー残量表示は吸引後の点灯色で判断可能です。

電気残量:色100%-60%: / 59-20%: / 19%:

 

カートリッジはそのまま『引き抜く』『挿し込む』ことにより脱着可能です。

けっこう固めなんですよね脱着。まぁ、緩いのも困るのでこれも仕方ないかな。マグネット式であれば良かったかも。

 

 

 

 

吸い口は丸。大き過ぎず小さ過ぎずといったサイズ。

 

 

 

片側のみリキッド補充口がありまして、シリコンのカバーがハマっています。

 

 

 

 

シリコンカバーの下側にエアインテーク(吸気口)があります。吸気はここからのみです。

 

 

 

本体側面にエアインテークがあります。ダミーが複数空いていますが、本当のインテークは1穴のみです。

そしてインテークはボディの片面にしか存在しません。

 

カートリッジはどちら向きでも本体に装着可能で、装着する向きによりインテークからの距離が変わり吸い心地の変化に繋がります。

これが2種類のエアフローがある、という概要に書いた意味なのです。

 

 

 

リキッド補充はカバーをめくってノズルを挿し込んで行います。

このカバーは乱暴に扱うと取付部から外れてしまうので注意です。

 

 

 

カートリッジの透過率は高いので色付きのリキッドなら残量把握も容易ですね。

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

意外にも美味しく感じました。

いや、決して味が濃いとかありませんけどね。香りはいい感じに出てくれます。

 

なんだろう、悪くない。

 

これはこれで、これしか使えないシチュエーションで重宝しそう。

 

ドローは重めですね。

DL(Direct Lung)も可能ですが、やんわりとMTL(Mouth to Lung)で吸うべきでしょうね。

 

おぉっと、2種のエアフローについて書くのを忘れるとこだった!

まず本体インテーク側にカートリッジのインテークを合わせた装着が上に書いた感想。

んで、逆に装着した状態。すなわちエアーが遠回りしてカートリッジに到達する向きで吸うと、1段重いドローに変化します。明らかに変わりますね。まぁ完全にMTLです。風味への変化は感じられないので、『重め』か『やや重め』の吸い心地の変化を楽しめる、というか好みに近づけられる為のものって印象でした。

 

まとめ

 

Elven

質感|良 ●ー●ーー●ー● 

大きさ|大 ●ー●ー●ーー● 

重さ| ●ー●ー●ー●ー 

機能性|多 ●ー●ーー●ー 

風味の濃さ|濃 ●ー●ー●ー●ー 

風味の解像感|高 ●ー●ー●ー 

ドローレンジ|軽 ●ー●ー●ー 

漏れ耐性|良 ●ー● 

安全機能|良  

 

まず見た目について。

言ってしまえばよくあるスティックタイプ。見慣れた感じはあります。というか既視感ありありです。

でも胸ポケにも入るサイズ感って事で、こういったシェイプに行き着くのでしょう。

 

風味は抵抗値1.6Ωのコイルなのでリキッド本来の濃さは出ない。けど香りは良くて、ニコチン摂取には向いているでしょう。

特にニコチンソルト(手元に無いので試せてない)にベストマッチな抵抗値という事で、相性良さげ。

 

ついにこの手のデバイスでも2A充電に対応してきた。

あとはカートリッジのライフだよね。規格化して安定した流通が担保されれば手も出しやすいんだけどね。

これだけ互換性ないものを出し続けられたら躊躇しちゃうよ。

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ