「Bachelor X」by EHPRO RTAレビュー

 

普通なタンク。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

提供元:BuyBest

 

 引用元:http://www.szehpro.com/project/bachelor-x/

 

EHPRO「Bachelor X」は25mm径でシングルコイル用デッキ構造をもつRTA(リビルダブルタンクアトマイザー)です。

 

 

パッケージ・内容物

Bachelor X パッケージ

 

コンパクトな紙パケです。

 

Beyond all your Imagination!(あなたの想像を越える)とのこと。

 

それでは「Bachelor X」開けていきまーーす。

 

 

内容物

Bachelor X 内容物を並べたところ

 

内容物一覧

  • Bachelor X 本体
  • ガラスチューブ(バブル)
  • Oリング
  • イモネジ
  • プリメイドコイル
  • コットン
  • 六角レンチ
  • 取扱説明書

 

 

Bachelor X 取扱説明書

 

取扱説明書には非常に丁寧に日本語での記載もされております。

数ページに渡り解説されており、この親切さによりEHPROの企業としてのスタンスが明確になっています。とても高感度上がります。

 

 

製品仕様

Bachelor X 外観

 

Bachelor X

  • タイプRTA
  • 大きさΦ25.2x43mm(コンタクト除く)
  • 重さ55g
  • 材質SS / Glass / PEI
  • リキッド保持量3.5mL / 5mL
  • コイルシングル
  • エアフローボトム

 

 

製品詳細

Bachelor X トップとボトム

 

外観としてはこれと言って個性があるわけではありませんね。

内径の大きなドリップチップと金メッキされたコンタクトピンが見当たります。

 

 

 

Bachelor X エアホールとコンタクトピン

 

エアインテークは長いオーバルが2箇所。もちろんリングにてフロー調整可能です。

コンタクトピン出代は控えめとなっていますね(調整不可)。

 

 

 

Bachelor X ドリップチップ接続部

 

ドリップチップは810で、外径16mm、内径11.8mmと大口径なもの。PEI(ウルテム)製です。

本体側の径はもう少し絞られています。

 

 

 

Bachelor X フィルポート

 

トップキャップを取り外せばフィルポート(リキッド補充口)が現れます。

 

 

 

Bachelor X チャンバーの内部

 

チャンバー天井は傾斜付けてあり、出口にミストが進みやすいようにしてあります。

 

 

 

Bachelor X デッキは金メッキ

 

底から浮いた状態で配置されたデッキは全面に金メッキがかけられています。

 

 

 

Bachelor X 4ポストのシングルコイル用

 

コイル巻き方向がどちらでも対応出来る4ポスト構造。センターにコイルを配置するシングルコイル用となっています。

エアホールは大きく、凸にしてあり極力リキッドが入っていかないよう配慮してあるみたい。

 

 

 

Bachelor X バブルガラスチューブ

 

初期装着のストレートなチューブでは3.5mLのリキッド保持量ですが、付属のバブルタイプに換装すれば5mLに拡大出来ます。

 

 

ビルドしてみる

Bachelor X ビルド

 

付属のプリメイドコイルはフラットクラプトンで抵抗値が低そうでした。ので26AWGの内径3mmを7巻で組みました。

 

 

 

Bachelor X ビルド例

 

失敗した。というかまったく気付かなかった。

 

設置するコイルの向きが逆でしたね。せっかくどちら向きでもセット出来るポスト構造なのに...

 

ボーッとしてるわ。無理やりコイルを持ち上げてデッキとの接触を回避してますが、それすら気付かずにやってましたね。

 

 

 

Bachelor X デッキ真上から

 

エアホール本当デカイわー。

 

組み付けとしては、片方のイモネジを外してしまわないとポストに通せません。というか今回は両方とも外してから設置して取り付けました。ここはポスト側面が開放しているタイプのほうが断然やりやすいですね。

だけど反面イモネジでの締め込みはラクチンでした。隙間なく造られているのでリードが逃げる事もないんです。

 

 

 

Bachelor X コットンを通す

 

コットンも手持ちのを使ったけど、ちょっと梳きすぎた感がある。

ジュースホールもデッカイからちゃんと考えてやらんとね。

 

 

 

Bachelor X コットンをジュースホールに

 

ジュースホールにコットン落としたら適量リキッドをふくませておきます。

 

 

 

Bachelor X タンクにリキッド補充

 

フィルポートを被せタンクへリキッド補充!

 

 

Modに乗せてみる

Bachelor X Modに乗せてみる

Bachelor X Modに乗せてみる

 

25mm径ですのでオーバーハングせず乗るものを選択。

外観上の個性は無いに等しいので適当に。

 

 

吸ってみる

Bachelor X で実際に吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

Shu
スコーーッ、プハァ~

 

味は濃厚にバランスよく出てくれます。文句はないです。

ドローがエアフロー全開時はスッカスカ、絞っても程よい抵抗感がある領域まで。

吸った感じ、あまり絞るよりかは半分閉じるくらいが好み。

 

漏れ耐性は普通。コットン量次第で良くも悪くも。特別漏れやすいとかは無いですね。

 

 

まとめ

Bachelor X 総評

評価:Bachelor X

質感良 ●ー●ー●ー●ー● 

ビルド ●ー●ー●ー●ー● 

風味の濃さ●ー●ー●ー●ー● 

解像感 ●ー●ー●ー●ー● 

ドローレンジ●ー●ー●ー● 

漏れ耐性良 ●ー●ー● 

 

総評:Bachelor X

構造は何も目新しい点のない既出品といった印象。

ビルドはイモネジを外さなければならないところが...ちょっとイマイチかなぁ。ほんと横に置いといたら無くしそう。んで後日掃除機で吸っちまうリスク。

 

没個性だが堅実な造り。

美味しく吸える5mLキャパのシングルコイル用タンク。ただしMTLでは無い。んで25mm径。

その点踏まえたうえなら悪くない。

個人的には重めのドローで吸うのが好きなのでスタメン入りはしない。けどたまに使うと思う。

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ