じゃなく

 

オフィスエッジの国内自社工場で製造されたオリジナルドリップチップの紹介です。

 

これまでもいくつかのドリップチップをリリースしてきていますが、結構売れているようで買おうと思った頃には完売していました。

私はドリップチップへの拘りってなかったので、中華アトマイザーより高価な “獄DT” の購入には躊躇もしましたが、見ためはこれまでの中で一番凝っていて好みだったので気になっていたのです。

価格が多少高めだったためか即完売しておらずクーポン利用してお得に初回ロット品が買えました。

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ・付属品

アクリルケースに入ってきます。こちらは底面になるのかな。

 

 

 

こちらが表面。

 

 

 

VAPE バンドと予備のOリングが付属しています。

 

 

 

 

外観

牢獄をコンセプトにしたダークなイメージのドリップチップ、という公式の商品説明です。

 

Shu
なぜ牢獄をコンセプトに・・・

 

 

格子状の部分がそれか。

画像見ていてもそう思わないでしょうけど、実際ドリップチップなのでかなり小さいんです。小さいのに凝った加工されてるなぁって印象。

 

 

 

牢獄オープン。

3ピースに分割可能です。真ん中の PEI 製パーツはアクセントとして用いられているだけですね。

 

 

 

ミストの出口、咥える部分です。出口も内部もかなり小径になっています。私がこれまで使用したもので最小です。径だけ見ればもはや細いストローって感じ。

 

 

 

こちらアトマイザーとの接続側。ダブルOリング。

 

 

 

こっちも出口と同径かな?とにかく小径。

 

 

 

すり鉢状になっています。アトマイザーに付属してるのだとこんな加工されてるのは少ないですよね。安価な製品だとここにコスト割けないので当然だけど。

 

 

 

 

使用感

同社のアトマイザーに装着してみた。言わずと知れた「Edge RDA Type.R」ですね。まぁ合ってなくはないかな。さすがに質感的にはピッタリ。

 

 

内部から見るとこれはもう、アトマイザー内側のドームから連なってそのままミストがギュッと集約されていくのが容易に想像されます。

 

 

吸ってみる

 

Shu
シューーースハーーーッ

 

 

想像通りすっごく濃く出る。もうドローも「獄重」ではあります。

 

もとよりアトマイザー「Edge RDA Type.R」が風味濃密なミストを出してくれるのに、それが更に濃密になって凄まじい味わいです。

 

使用感としては唇の先で咥える感じになりますしストローに近い感覚も受けます。もはや文字通り“ジュースを飲む感覚”に近くなってきます。

 

 

私のようにミスト量よりフレーバーを重視している者にとって堪らない逸品ですね。MTL を謳っているアトマイザーと組み合わせれば更に・・

 

 

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサードリンク ー
GB-4th
コメントを残す

CAPTCHA


Drip Tipの関連記事

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ