ETNA RDA by Digiflavor MTL向けドリッパーレビュー

 

イタリアデザインの18mm径シングルコイル用ドリッパー!

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

Official Digiflavor ETNA

 

ETNA RDAはイタリアでGiuseppe PappalardoとSalvatoreAgrosìによってDigiflavorと密接に協力して設計されました。

イタリアのタバコとフルーティーな風味のリキッド、ニコチンソルトリキッドに特に適したタイトなMTLドロー用にデザインされました。

 

パッケージ・内容物

ETNA RDA パッケージ

 

てなわけでイタリアでデザインされたETNA RDAですが、勿論製造は中国にて行われています。

 

 

 

ETNA RDA パッケージ

 

それでは「ETNA RDA」開けていきまーーーす。

 

 

 

ETNA RDA 内容物

 

  • ETNA RDA 本体
  • ドリップチップ(ロングタイプ)
  • ビューティーリング(18→20mm)
  • アクセサリーバッグ
  • プリメイドコイル
  • コットン
  • 六角レンチ
  • 取扱説明書

 

 

ETNA RDA スペアパーツ類

 

アクセサリーバッグの中身はスペアパーツ(ポスト用イモネジ/Oリング)と、コンタクトピン、エアフローモジュールx2といった感じ。

 

製品仕様

ETNA RDA 外観

 

  • タイプ|RDA
  • 大きさ|Φ18x35.5mm(DTコンタクトピン含む)
  • 重さ|26g
  • 材質|SS/他
  • コイル数|シングル
  • エアフロー|ボトム
  • BF|可
  • カラー|全6色

 

製品詳細

ETNA RDA 外観を色んな方向から

 

18mm径という細身でスマートなシェイプのETNA RDA。加飾も抑えられ底面にはDesigned in Italyの印字が。

 

 

ETNA RDA トップキャップとドリップチップ

 

ドリップチップと火傷防止のリッププロテクター。

トップキャップにはΦ6の巨大なエアホールが1箇所のみ空けられています。

 

ETNA RDA トップキャップ内部

 

内部はドーム状にしてあります。ミスト排出がスムースにされることでしょう。

 

 

ETNA RDA デッキ

 

デッキ側面にある六角にて固定されたプラグ型のインテークから入ったエアーが、中央の吹出口からコイルめがけて下から吹き付けるボトムエアフロー構造となっています。

ポストは2箇所でシングルコイル専用となり、各パーツが陣取って内容量を削っている事から丈が長めに設定された模様。

 

 

 

ETNA RDA デッキのポスト部

 

ポスト裏側は貫通して飛び出したコイルリードの切断が容易なように、外周より内側へと奥まって配置されています。

ワイヤーホールはかなり狭いんです。クラプトンとか複合線材であまりに太いものは通らないと思う。

 

 

 

ETNA RDA デッキのエアホール

 

エアー吹出口のパーツ(エアフローモジュール)は取り外しが可能で、同梱の2種へと換装してエアー量と範囲の調整が可能です。

 

 

 

ETNA RDA デッキのエアホールパーツを取り外す

 

同梱の六角レンチにて側面のプラグを外す事によりモジュールも外せして交換可能という構造です。

 

ETNA RDA エアホールパーツ3種

 

モジュールは3種類。

初期装着がΦ0.8が2穴。同梱品がΦ0.8が3穴のものとΦ1.2が1穴のもの。

さらにオプションではありますがDL向けと思わしき穴径の大きな4種類が存在しているようです。

ETNA RDA デッキ分解

 

初期装着はBFピンとなっていました。これを外す事により全てのパーツが取り外せます。

 

 

 

ETNA RDA コンタクトピンの突出

 

今回はレビューの為、一旦非貫通のコンタクトピンへと切り替えです。出代は充分にありますね。

 

ビルドしてみる

ETNA RDA ビルド画像

 

単線28ゲージの内径1.5mmで組んでみました。抵抗値は1.0Ωジャストで狙い通りでした。

 

 

 

ETNA RDA ビルド画像2

 

久しぶりに28ゲージを使ってみたのですが、柔らかいですね。なんだか形成しづらい。永いこと26ゲージを使っていたものですから新鮮でした。

 

 

 

ETNA RDA コットンまで通した画像

 

内径1.5mmだと必然的にコットン量も少なめになります。画像だとそうは見えないかもしれないけど、デッキが小さいんですよ。

 

Modに乗せてみる

ETNA RDAをMODに乗せた画像

 

同梱のビューティーリングにて下部は20mm径にアップ。

レビュー品のETNA RDAは黒色なのですが、ドリップチップやリッププロテクター、そしてビューティーリングは同じフロストカラーで統一されています。

他の本体色もそれぞれ異なった色設定となっているようです。

 

吸ってみる

ETNA RDAをMODに乗せた画像

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

 

おやぁ、なんだか薄い風味の出かたですねぇ。

ちなみにエアフローモジュールは3穴タイプを使用していますが、ドローもそこまで重くない...弱MTLといったところ。

 

 

 

ETNA RDA ビルド画像

 

結局普段吸いなれた26ゲージ内径3mmに変更。

 

これなら納得の風味を出してくれました。濃密なミストで風味損失も感じられない良好な味わい。

 

 

ちなみにトップキャップを回してエアホールを絞ってのエアフローコントロールはあまり効きません。

個人的にはもう少し重いドローにしたいところなので、同梱で一番エアー量が減りそうな1穴タイプのモジュールへと換装しようと思います。

 

 

 

ETNA RDA ビルド画像

 

構造上、コイルが組まれた状態ではモジュールを取り外せません。なので一旦コイルを取り外します。

 

 

 

ETNA RDA 1穴のエアホールパーツ

 

取り付けます。

 

 

 

ETNA RDA ビルドした画像

 

コイルはエアホールのキッチリ真上になるように配置しました。

 

 

 

ETNA RDAで1穴のエアホールパーツを装着しコットンまで通した画像

 

それでは再び吸ってみますね。

 

 

少し重くなりましたかね。まぁMTLじゃなければ吸えないのは間違いない。

 

うん、結構好みの重さだな。

風味に関しては換装前とさして変わった感じはしませんね。

重さの変化だけの為に換装しなければならないのはどうでしょうかね。

 

まとめ

 

ETNA RDA

質感|良 ●ー●ーー●ー● 

ビルド|易 ●ーー●ー● 

風味の濃さ| ●ーー●ー●ー● 

風味の解像感|高 ●ーー●ー●ー● 

ドローレンジ|軽 ●ーー● 

漏れ耐性|良 ●ーー● 

 

基本的にはどこか問題があるわけでもないのですが、これといって特別オススメ出来るかと言えば...

ビューティーリングがあるとはいえ、18mmという径はやはりMODに乗せても貧弱感があります。

 

小径が良ければBerserker MTL RDAってのが既にありますよね。

あちらも同じようにエアホールパーツ交換式ですね。しかもコイルを取り外さずにパーツ交換可能。そしてビューティーリングも2サイズ同梱。

うーん、どちらが先に出たんだっけ?

 

リキッド保持量も不満があります。それなりに底は深いですがそれでも容積が無さ過ぎです。そこはBF運用出来るからいいですけどね。

あとトップキャップの脱着が非常に硬いです。ワセリン塗っても硬いままです。Oリングのサイズが合ってない気がします。

 

良い点といえばビルドだけは超簡単です。ワイヤーホールが狭いからズレにくくてそこは良かったですね。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ