Dani Box 21700 by dicodes|高性能テクニカルMODレビュー

 

定番、決定版、質実剛健なドイツ製テクニカルMOD。

 

 

高性能MOD代表格の1つ、ドイツdicodes社のDani Boxシリーズのラインアップは18650バッテリーのDani Box V2とその小型版Dani Box Miniが存在します。

今回レビューするのは、現状主流になりつつある21700/20700バッテリーを使用可能なバージョンで、現時点(2019年5月)で最新の製品となります。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Dani Box 21700 パッケージ

 

パッケージは缶ケース。右上の丸シールで本体カラーがブラックかチタンかの判別となっています。今回のレビュー品はブラックとなります。

 

 

 

 

Dani Box 21700 パッケージ

 

中身はとても簡素。後述しますがUSBポートを備えていない為にケーブルの同梱もありません。

 

 

内容物

Dani Box 21700 内容物

 

内容物一覧

 

  • Dani Box 21700
  • dicodesカード(取扱説明書へのQRコード)

 

製品仕様

 

■ 「Dani Box 21700」スペック

 

  • タイプ|テクニカル
  • 大きさ|83x45x25mm
  • 重さ|135g
  • 材質|SUS/他
  • バッテリー|21700/20700
  • コンタクト|510
  • 動作モード|ワッテージ/バイパス/TC/TCR
  • 最大出力|80W(モードにより100W)
  • 対応抵抗値|0.05-5Ω
  • TC対応線材|NiFe30/NiFe48/Ni200/Ti/SS304/SS316/SS316L
  • カラーバリエーション|全2色(black/titan)
  • 製造国|ドイツ
  • 公式サイト|dicodes GmbH

 

製品詳細

Dani Box 21700

 

「質実剛健」そんな四字熟語で讃えられる事が多いドイツ製のプロダクト。

いわずもがな自動車は各国メーカーのベンチマークとされていますし、建築(および家具)でもカメラでも家電だってデザインの歴史という側面で見れば別格扱いです。

Dani Boxも外観に無駄な装飾は無く中身は機能性に優れるという、正に良きドイツ製といったデザインに忠実なMODとなっています。

 

 

 

 

Dani Box 21700

 

故にとてもシンプルな外観。唯一目立つのは側面片側に印字されている絵柄。これはおそらくdicodes社の所在地が旧炭鉱地帯という事もありそれをイメージしているものと思われます。

 

 

 

 

Dani Box 21700 トップ画像

 

トッププレートにOLEDスクリーンが配置されています。ここもDani Boxならではの特徴ですね。

筐体サイズ通り25mmまでのアトマイザーがオーバーハングせずに乗せられます。

 

 

 

 

Dani Box 21700 底画像

 

底にはバッテリー脱着部があり、蓋はスレッド式となっています。

 

 

 

Dani Box 21700

 

というような外観ですが、従来のDani Boxシリーズから基本的に変更の無い仕上がりとなっています。

充電用のUSBポートはありませんし、蓋部分も破損に繋がりそうなヒンジ構造でもありません。

 

全体的にカッチリ感があり、無駄がなく洗練された塊です。

 

 

 

 

Dani Box 21700 コンタクト部拡大

 

も少し細かく見ていきます。

コンタクトピンはスプリング式でカッパー製。少し最初から腐食してる。

 

 

 

 

 

パフボタン部分はザグりされており押しやすさに配慮されています。親指が一番太いからね。

 

Dani Box 21700 プラス・マイナスボタン

 

プラスボタンとマイナスボタンは縦配列。こちらも突出具合が程よく押しやすい。

 

 

 

 

Dani Box 21700 バッテリー部リッド

 

蓋にはベントホールが空けてあります。回転はあまり滑らかではありません。グリスアップしたほうが良さそう。

→ 万能オイル塗りましたがスルスルと回転するようになりました。

 

 

 

 

Dani Box 21700 スレッド巻き数

 

スレッドは深めなので多少全長の短いバッテリー(そんなのあればだけど)でも対応可能。

仕様的に推奨しないけど18650アダプターを噛ましての使用も可能でした。

 

 

 

 

Dani Box 21700 バッテリー挿入

 

海外Youtuberのレビューを見ていると、最も定番となっている21700バッテリーAvatar AVBはハウジング径が狭くて入らないようです。

 

「マジかー、一番手頃で性能的にも不満のないAvatar AVB使えないんかいっ!」

 

 

 

 

Dani Box 21700 バッテリー正極を奥に挿入

 

...と落胆したものでしたが、実際はまったく問題なくストンッと入りました。おそらくどこかのタイミングで改良されたのでしょうね。今現在国内から入手可能なものは改良後だと思われます。

入らない場合に備えて公式推奨の一つSamsung 21700 50Eを購入しておいたのですが取り越し苦労となりました...。

 

操作説明

Dani Box 21700 スクリーン

 

多機能過ぎるDani Boxなので操作方法の説明が大変です。私自身まだ全てを理解出来ていません。

なので公式マニュアルの翻訳を載せておきます。このマニュアルはDani Boxシリーズ共通らしく、一部表記が今回の21700とは異なる箇所がありますが汲み取って下さい。基本的に内容自体は共通のはずです。

 

凄く長い説明なので読み飛ばす場合

 

 

 

01 Dani Box

これは、さまざまなサイズと直径のさまざまなアトマイザーで使用される電子制御MODです。それはサイズ18650の1つの電池を使用する準備ができています。機械的にmodは非常に人間工学的のソフトタッチデザインを持ち、メニュー操作と発砲、上部の高輝度OLEDディスプレイと洗練された構造に長辺に3つのボタンを備えていますベリリウム銅製の調整可能なセンターピン。ボディは高品質のアルマイト加工アルミニウムで製造されており、いくつかの色で提供されます。頭と底の部分は中実のステンレス鋼でできています。電気的には、最大60Wの蒸気処理が可能で、4つの異なる動作モードに加えて、さまざまな種類のワイヤ材料(ニッケル、チタン、ステンレス鋼など)による温度制御の蒸気処理が可能です。最適な性能と独特の液体フレーバーのために(NiFe30、RESISTHERM)をお勧めします。別途購入可能な充電ホルダーを使用すると、最大3Aの充電電流でバッテリーをMODの内部で充電できます。

 

02 Features

- 5 to 60W with one Li-Ion battery 18650
- Adjustable battery discharge level (2.5-3V)
- Up to 12V output voltage
- Up to 20A output current
- Temperature controlled vaping mode with various wire-types
- Mechanical MOD mode (protected)
- 10 Power boost modes
- 10 Heater protection modes
- Atomizer resistance range 0.05 to 5 Ohms, total
- Atomizer resistance 0.15-2.4 Ohms (60W)
- Reverse battery protection
- Versatile menu structure
- Individual user preferences selection
- spring loaded center pin made of copper beryllium
- charging contact on the bottom (requires charge holder)
- 2 Years warranty

 

03 Display Operation

MODには、各蒸気を吸い込んだ後とその後の4秒間のステータスに関する重要な情報をすべて提供するグラフィカルOLEDディスプレイが装備されています。

 

 

 

メニュー体系は中華製の普及機と比べるとかなり違和感があるものとなっています。違和感というか独特なんですよね。どのメニューの下に何の機能があるかは使い込んで体が覚えていく感じになるでしょうか。

 

凄く長い説明なので読み飛ばす場合

 

 

05 Main Menu (Page 1)

dicodes boxmodには3つのボタンがあります。アトマイザーの真下にある大きなvape / fireボタンと、fireボタンの下にあるプラスとマイナスのボタンです。いずれかのボタンを5回短く押すと、MODがオンになります。ディスプレイに「こんにちは」と表示され、ユーザーはメインメニューに移動します。 modをアクティブにオフにするには、fireボタンを5回短く押すと「Bye ..」と表示されます。

重要:dicodesのboxmodはアクティブスイッチオフとスイッチオフ時間後の自動スイッチオフを区別します。 modが自動タイマーによってオフに切り替えられたとき、メニューはMonClk(Menu On Clicks)をプラスまたはマイナスボタンでクリックするか、すぐに蒸気を吸うためにvapeボタンを長く押すことで入ります。すなわちMODの電源が完全に切られていても、ユーザーはすぐに蒸気を吸うことができます。例えばポケットに入れて運搬している間など、意図しない蒸気を吸い込んだり設定を変更したりするのを防ぐために、プラスとマイナスのボタンを同時に押すことによってボタンをロックすることができます。「KeyLock」が表示されます。ボタンをロック解除するには、両方のボタンを同時に押す必要があります。これはディスプレイに「ロック解除」と表示されます。プラスボタンとマイナスボタンを使用すると、メニューをナビゲートしたり、値が反転表示されるまでしばらく待ってからパラメーターの値を増減することができます(白地に黒)。ナビゲーションモードからエントリーモードへの待ち時間は、拡張機能メニューのパラメータ「速度」によって調整できます。待機の他に、発射ボタンを押すこと、すなわち待機時間を飛ばすことによってナビゲーションから値入力モード(およびその逆)へ進むことも可能である。したがって、調整の迅速な変更が可能です。拡張機能メニューでは、発射ボタンを短く押すことで、3つの異なるサブメニューの1つを選択する間をすばやく切り替えることもできます。この場合も、希望のメニューが表示されるまで待機時間はスキップされます。この時点で、発射ボタンは、ボタンを長押しして放すことによって、拡張機能メニューからの脱出オプションとしても機能します。拡張機能メニューの表示中は、vapingは無効になっています。

電源設定の変更05メインメニュー(ページ1)電源設定では、プラス/マイナスボタンを使用して、電力制限(PLim)値まで、またはそれぞれ5Wまで、段階的に電力設定を変更できます。 折り返しが有効になっている場合、設定はPLim / 5W境界でロールオーバーします。 折り返しを無効にすると、それ以上の増減は境界でブロックされます。電力制限値は、拡張機能サブメニュー「ヒーター」で調整され、高ワット数または意図的に電力範囲を狭めるために準備されていないアトマイザーの保護機能を提供します。 ワット数のステップサイズは、20W以下で1W、20Wから40Wまでで2W、40W以上で5Wですが、“ Half Watt = 1”のmodメニューでは、それぞれ0.5W、1W、2.5Wに設定できます。動作モード「Bypass」(機械的モード)では、電力はバッテリ電圧とコイル抵抗によって定義されるため、電力設定を変更することはできません。 この場合、メニュー「電力」は表示されませんが、蒸気吸い込み中および吸水後の値表示にはコイルへの実際の電力出力が表示されます。温度制御蒸気処理を有効にした場合、電力設定は温度調節器の電力制限になります。 電力レベルが選択された温度を達成するのに必要な値よりも小さい場合、動作は温度調整器から温度制限器に変わる。 電力レベルが十分に高い場合、設定温度に達するまでコイルの加熱速度を設定します。 バッテリ電圧が低下すると、パラメータUbatMin(EF-modメニュー)で設定された電圧に0.5Vを加えた値から開始し、UbatMinで10Wで終了します。 例えば。 バッテリ電圧が3.0VになるまでUbatMin = 2.5VおよびPower = 40W => Full 40Wになり、その後2.9Vで34W、2.8Vで28Wになります。 電力が低下すると、ディスプレイの電池マークが点滅し始めます。 UbatMinを2.5〜2.7Vに設定することをお勧めします。

 

05 Main Menu (Page 2)

温度の設定

このメニュー項目は以下の通りです(下記のヒーターコントロールメニュー項目を参照)。そのため、メニュー構造は選択した操作モードに適応します。温度制御蒸気処理が選択されている場合にのみ使用可能で表示されます。これは表示専用メニュー項目です。コイル抵抗は0.00〜9.90オームの範囲で表示されます。温度制御蒸気処理が選択されている場合は、現在測定されているコイル温度も表示され、選択されていない場合は、ディスプレイにT ---と表示されます。コイル抵抗とコイル温度このメニュー項目は次の通りです(以下のヒーター制御メニュー項目を参照)。温度制御蒸気処理を使用する場合、キャリブレーション測定は非常に重要な部分です。温度制御蒸気処理が選択されている場合にのみ表示されます。手動コイル温度校正温度上昇/下降メニューは、蒸気排出中のコイル温度の設定値を設定します。設定温度は5°C(10°F)刻みで120°C〜280°C(250°F〜540°F)から選択できます。高精度の温度制御を実現するには、正しく実行された基準測定(TempCal Init)が必須です。次の項目を参照してください。温度キャリブレーションは、温度制御された蒸気の基準として、室温(20°C)でのコイル抵抗を測定します。これとワイヤの温度係数を組み合わせることで、modはコイルの温度を計算できます。誤った起動を避けるために、校正は2番目のステップで確認する必要があります。確認が終わると、校正が完了するまでディスプレイに「process」と表示されます。キャリブレーションが20℃以外の温度で実行される場合、コントロールは一定の温度を調整しますが、オフセット偏差があることを理解することが非常に重要です。温度調整中は周囲温度を考慮してください。同様に、誤った温度係数を調整した場合、実際の温度は設定値から大幅に外れる可能性があります(ここでは要因でありオフセットではありません)。新しいアトマイザーが同じコイル材料で作られていても、新しいアトマイザーが取り付けられているときは、必ずキャリブレーションを実行してください。このトピックの詳細については、dicodes-modsのWebサイトで入手可能な「温度制御された蒸気処理に関するアプリケーションノート」をお読みください。冷却したアトマイザーを使用してもディスプレイに20°Cが表示されない場合は、もう一度手動キャリブレーションを実行することをお勧めします。ニッケルコイルのように非常に低い抵抗を持つコイルでは、わずかな機械的な再配置(アトマイザーの締め付け)が接触抵抗の変化による温度制御の劇的な変化につながる可能性があることに注意してください。したがって、我々はニッケルコイル以外のものを使用することをお勧めします。ダイオードからのNiFe30(RESISTHERM)ワイヤ。電池の状態[電池の確認]項目には、電流がほとんど流れていない状態の電池の電圧(Ub0)と最後の吸煙時の負荷時の電池の電圧(UbL)が表示されます。違いはバッテリーの電圧降下です。高電圧降下(> 0.4V)は、バッテリ不良または接点の問題を示しています。すべての電池は内部抵抗を持っているため、電流が流れ出ると接点の電圧は常に低下します。より多くの電流が流されるほど、低下はより大きくなるでしょう。この動作を常に覚えておいてください。 18650サイズの一般的に使用される電池は、約15mオームから最大80mオームの内部抵抗を有する。より小さなサイズの電池はより高い抵抗さえ持っています。一般的に言って、高容量を有する電池はより高い内部抵抗を有し、より低い容量を有する電池もまたより低い内部抵抗を有する。

 

05 Main Menu (Page 3)

ヒーター制御(動作モード)

このモードは最大5つの動作モードで使用できます。このメニューでモードを選択できます。デフォルトの動作は標準(0、電力設定)または温度制御蒸気処理(1)のいずれかです。 “エキスパートモード”(拡張機能モードメニュー)を有効にすると、追加の動作モードはヒーター保護(2)、P、バイパス(4、機械モード)です。エキスパートモードが無効になっていると、メニューオプション2..4はマスクされます。 ower Boost(3)、0。標準モード標準動作モードでは、電圧が12Vを超える場合や20Aを超える電流が流れる場合を除き、電力設定メニューで選択されたワット数がコイルに適用されます。 。たとえば、4Ωのコイル抵抗と40Wの電力設定では、コイルに必要な電圧は12.7Vです。 4Ωの場合、最大ワット数は36Wです((12V)²/ 4R = 36W)。または、コイル抵抗が0.1Ωの場合、最大電力は40Wです。これは、(20A)2 *0.110Ω= 40Wであるためです。例からわかるように、コイル抵抗が高いと電力は最大電圧12Vで制限され、抵抗が低いと最大電流20Aで制限されます。その事実は機能リストにも反映されています。60Wの電力は0.15から2.4オームまで保証されています。 0.05〜5オームの抵抗が可能であるが、電力が減少する。 1.温度制御蒸気発生このモードでは、電力設定が温度を達成するには低すぎることを除いて、modはコイルの温度を事前設定値に調整します。そのため、温度制御蒸気処理を選択した場合は、電力設定を十分に高い値に調整するように注意してください。そうでなければ、温度調節は温度制限モードに変わる。 HCtrlを1に設定すると、メニューは直接ワイヤタイプの選択にジャンプします。ここでは、ユーザーはダイコードワイヤー(NiFe30)、ニッケル200(Ni)、チタン(Ti)、タングステン(W、Wolfram)、ステンレススチール(Inox)、その他を選択することができます。 “ Other”が選択されていると、Extended Functionsメニューの項目“ Tmp”で定義されている温度係数。 「Cof」が使用されます。選択した係数の値が「Wire」の後ろに表示されます。一般的に使用されるワイヤでは、事前定義された係数は、NiFe 30 = 320、Nickel 200 = 620、チタン= 350、タングステン= 440、ステンレス鋼= 105です。市販されているチタンとステンレス鋼には異なる合金があるので、事前定義された値は実際に使用するワイヤ値とは異なる場合があります。その場合は、ワイヤタイプとして「その他」を選択して値を設定します。拡張機能ヒーターメニュー「TempCof」のワイヤー。係数の範囲は050〜650です。もしダイコードワイヤ(RESISTHERM)を使用する場合、ワイヤは温度調整の目的のために特に設計されているので、ワイヤが常に同じ係数を持つことが保証されます。抵抗率と高係数の組み合わせが非常に優れているため、レギュレーションの精度は最も優れています。ニッケル線を使用する際の注意:ニッケルは、常に高い温度係数(Ni 200)を持っています。しかし、ニッケルは非常に柔らかく、導電率が高いために非常に低抵抗のコイルになるため、取り扱いがそれほど簡単ではありません。調整精度に関しては、アトマイザーの動き(締め付け)または機械的熱伸びによる接触抵抗の最小の変化は、不十分な調整精度をもたらす。

 

05 Main Menu (Page 4)

ヒーター保護モード(エキスパートモード= 1の場合のみ)

ヒーター保護モードは、コイルに印加される電力の定期的な中断です。 割り込みの継続時間と繰り返しレートは、拡張機能のmod-menuのパラメータ「Heater Prot」で選択します。 電力の中断が繰り返されると、液体の流れが途切れて温度が上昇するのを防ぐのに役立ちます。以下の表は、パラメータ "Heater Prot"に応じた電力中断と機器時間の関係を示しています。

 

 

 

 

パワーブーストモード(エキスパートモード= 1の場合のみ)


電力ブーストモードは、コイルに印加される初期の短期間の高電力パルスを可能にする(ブースト)。 ブーストパワーは、パラメータ「Power Limit」の値です。 3つの選択可能な初期ブースト長に加えて、さらなるオプションは異なる長さと繰り返し率で周期的なブーストパルスを生成します。 初期ブーストはコイルの急速加熱用です。 周期的ブーストにより、コイル温度は常に一定の範囲を通過します。 この場合、液体内の異なるフレーバーはすべて異なる温度でそれらの味を発達させ、すべて異なる温度によって対処されます。

 

周期的ブーストを使用する場合は、ブーストではなく通常電力をもっと低い値に設定することをお勧めします。ブーストによって平均電力が増加し、温度が高くなるためです。

 

 

 

注:電力設定が電力制限値と等しい場合、ブーストはその値にも制限されているため機能しません。 ブースト操作を示すグラフ図については、次のページを参照してください。

 

 

05 Main Menu (Page 5)

 

拡張機能メニューヒーターまたはコイルに関連するヒーターメニュー設定Modメニュー個々の使用法と外観に関連する設定値メニューvapingのいくつかの統計を提供する拡張機能メニューには、3つの論理的にグループ化されたサブメニューがあります。直接エラーメニューにジャンプして、エラー番号とニーモニック(短期)の説明を表示します。考えられるエラーメッセージは次のとおりです。Extended Functions Menuには、modのさまざまな設定オプションが用意されています。これにより、ユーザーはあらゆる好みに合わせて柔軟に調整できます。通常、設定が完了したら、ユーザーはめったにパラメータを変更する必要はありません。メインメニューをできるだけ短くするために、拡張機能メニューが作成されました。多くの選択肢が最初に何人かのユーザーを怖がらせるかもしれません。しかし、拡張機能メニューがなければ、modはすべての異なる顧客の要求に対応することはできません。メニューに慣れるまで少し時間をかけてください。概要を確認したらすぐに、個々の設定はウォークオーバーです。

0 OvrVolt:入力電圧が高すぎます。電池1本使用のために用意されています。入力電圧が4.5Vを超えると、このエラーメッセージが表示されます。入力電圧を指定の範囲に下げてください。

1 ChkAtom:アトマイザーが検出されなかったか、コイルが開いています。

2 TempRef:温度基準測定中に問題が発生しました

3 HighR:コイルの抵抗が選択された出力電力に対して高すぎます。最大出力電圧は12V、電流は20Aです。この仕様と最大出力電力60Wを組み合わせると、0.15〜2.4Ωの抵抗範囲になります。 「8 LowR」も参照してください。より高いおよびより低い抵抗も可能であるが、それに応じて電力を低減しなければならない。例1:40Ωコイルの場合、最大電力は(12V)²/4Ω= 36Wです。例2:0.12オームのコイルの場合、最大電力は(20A)2 * 0.12オーム= 48 Wです。 2.4Ωを超える抵抗の場合、出力電圧が制限要因であるのに対して、0.15Ω未満の抵抗の場合、それは電流です。

4 OverCur:コイル短絡またはコイル故障(オープン)

5 LowBat:負荷下のバッテリ電圧(電流が流れている状態)が、拡張機能のmod-menuのパラメータUbatMinで定義された最小放電レベルに達しました。

6 EleHot:電子機器の温度が上がりすぎて、冷やす必要があります。このエラーは通常のmodの使用方法では発生しません。

7 TimeOut:最大パフ時間は電力によって制限されます。 20W未満の電力の場合、20秒です。 20W以上では1ワットあたり0.5秒、40W以上では10秒減少します。

8 LowR:選択された電力に対してコイル抵抗が低すぎます。「3 HighR」を参照してください。

 

05 Main Menu (Page 6)

 

 

(* 1)温度係数は、線材の種類を050から650の範囲で選択します。TCモードが選択されている場合(メインメニューHCtrl = 1)、ユーザーは線種をNiFe30(ダイコード線)、Ni200、 チタン、タングステン(Wolfram)、ステンレス鋼(Inox)または「その他」。 「その他」の値がここで調整されます。 定義済みのワイヤタイプの値は、320 =ダイコードワイヤ、620 =ニッケル、約105 =ステンレス鋼、350 =チタン(さまざまな文献値、危険性:火災の危険性)、440 =タングステン(Wolfram)です。 選択する値=文献値* 10E5K。例:Ni 6.2E-3 * 1 / K * 10E5 * K => 620

(* 2)アニメーションなしで1(最速)から3まで(視覚的なシフト効果)、シフトアニメーションでは最も遅い4に設定

(* 3)温度制御蒸気吸込モードが選択され、表示モード= post / contの場合、蒸気吸込の4秒後/間に、現在の「電力」、「温度」および「配線抵抗」の値を確認できます。 標準モードでは、電池の電圧、電力、抵抗が表示されます。 バイパスモードでは、計算された電力が表示されます。 display mode = offを指定した場合、アークの後または途中でパラメータは表示されません

 

 

06 Extended Functions Menu
Additional Explanation to several menu items, page 1

以下の段落では、これらのパラメータと項目について説明しますが、それらは自明ではないか、他のパラメータや機能と相互依存関係にあります。正しいワイヤ温度係数の選択は、温度制御蒸気処理が選択されているときに、モジュールを正しく動作させるために非常に重要です。 TCモードが選択されるとすぐに、一般的に使用されるワイヤタイプの複数選択リスト

定義済みの係数が表示され、ワイヤタイプ「その他」が表示されます。

この「Other」ワイヤの係数はこのメニュー項目で調整されます。 ステンレス鋼線およびチタン線も、それらの正確な合金組成によっては、明確に定義された係数を持たないことが多いことに注意してください。 操作モードが温度制御蒸気処理に選択されていなくても、メニューのTCoef項目は表示されます。

電力制限は、modのいくつかの機能に影響します。1.電力制限は、メインメニューで電力の調整範囲を定義します。 すでにメインメニューに記載されているように、制限値はメニューのロールオーバーまたは停止ポイントを設定します。 電力制限は、特に標準のvapingモードでは意味があります。そしてコイルの破損を避けるために小さい噴霧器かコイルの使用。 2. Power Limitは、Power Boost Modeのブーストフェーズ中の電力を設定します。

すべてのダイオードデバイスは、2.5Vから3.0V(旧モデルの3.5V)の間でバッテリの最小放電レベルを調整する機能を備えています。 市販されているほとんどすべての電池は、2.5V〜2.7Vの最小放電レベルを指定しています。 ユーザーがわからない場合は、彼女/彼/彼女の特定のバッテリーがこの仕様を満たすかどうか、レベルは2.7Vに設定されるべきです。選択された電圧は、バッテリから電流が流れ出るときのバッテリの極の電圧です(流れ出る電流はコイルの電力に依存します)。 すでに3.4Vで動作を停止している他の市販されている市販のチューブモードおよびボックスモードとは対照的に、ダイオードモードの放電レベルが低いほど、バッテリ使用率が向上します(約20%)。 UBatMin + 0.5Vでは、実際の電力設定に応じて電力削減が有効になります。

MODの自動電源オフまでの時間は、1分から60分の間で選択できます。 2分から5分を選択することをお勧めします。これは、発射ボタンが押されたときにMODが常にオンになり、蒸気を吸う準備ができているためです。 これにより、バッテリーを最大限に活用できます。 MODがユーザーによってアクティブにオフにされた場合(5倍の速さでファイアボタンをクリックする)、インスタントパワーオンは利用できません。 この場合、最初に5回クリックしてmodをオンにする必要があります。

表示モードは、パフ中およびパフ後にいくつかのパラメータの動的表示をオンおよびオフにする。 設定 "cont"(継続)は、蒸気を吸い込んでいる間とその後の秒数を表示します。 「post」を指定すると、値はパフの後にのみ表示され、offは表示を無効にします。 表示される値は、動作モードによって異なります。温度制御モードでは、パラメータは温度、コイル抵抗、温度調整電力、およびバッテリシンボルです。 標準モード、ブーストおよびヒーター保護については、選択された電力(静的、変化なし)、コイル抵抗、およびバッテリー電圧が表示されます。 バイパスモードが選択されると、バイパスモードでは固定電力設定がないため、コイル抵抗とバッテリ電圧に依存する計算電力が表示されます。

 

06 Extended Functions Menu
Additional Explanation to several menu items, page 2

5種類のモードで使用できます。ただし、メニューをできる限り短くシンプルにするために、5つのモードのうち3つはExpert-Modeが1に設定されている場合にのみ使用できます。追加の操作モードを使用するには追加の操作モードが必要なためそれらの機能についての知識。 dicodes Dani Boxエキスパートモードを1に設定した場合に利用可能な追加モードは、「Power Boost」、「Heater Protection」、および「Bypass」です。ここでも概要のモードは次のとおりです。1.標準:一定の電力設定で蒸気を吸います。コイルの抵抗値が異なる電力設定を与えない限り、選択された電力がコイルに適用されます。 2.温度制御:コイルに加えられる電力は、コイルの温度を一定に保つ温度コントローラによって計算されます。重要な注意:正しい温度係数を設定し、室温でキャリブレーションを実行してください。パワーブースト:コイルは最初は急速に加熱されます。さらに、繰り返しブーストを選択することができます。電力制限を小さすぎる値に設定しないでください。また、より低い通常の電力設定を使用してください。 4.ヒーター保護:コイルへの電力は液体の流れを可能にし、温度を制限するために繰り返し遮断されます。バイパス:このモジュールは機械的モジュールのように振る舞う、すなわちバッテリ電圧が直接コイルに印加される。これは制限付きで、最大電流は20Aに制限されています。アークは現在バッテリーの充電レベルに依存していることに注意してください、そして20Aが制限要因であるのでコイルは抵抗が非常に低くあるべきではありません

「デフォルト設定」を使用すると、すべての設定を配信ステータスにリセットできます。 リセットは、メニューを選択してボタンを押すことによって開始されます。 意図しないリセットを防ぐために、「確認」が表示されたときにボタンをもう一度押して手順を確認する必要があります。 「処理」は、残りが実行されたことを示します。

ほとんどのデフォルトは、拡張機能メニューの概要図にリストされています。 不足している設定は次のとおりです。

Power:10W
Temperature:210℃
Heater Control Mode:1 (Standard, normal VW)
Wire Type:NiFe (320)

 

06 Extended Functions Menu
Additional Explanation to several menu items, page 3

拡張機能メニューには、いくつかの統計値を表示する別のサブメニューがあります。 2つのタイプの値カウンタがあり、どちらもゼロに再設定可能かそうでないかのどちらかです。 統計カウンタは、modが自動的または手動でオフにされるたびに保存されます。 これとは対照的に、電源を切る前にバッテリーをMODから取り外すと、最後の電源投入以降のカウンターの変更は失われます。

以下の統計値が格納されます。 - サイクル数パフの数。カウンタは0にリセットすることができます。

- 時間コイルに電力が印加されていた時間の長さ、すなわち蒸気の発生時間。カウンターは0にリセットされることができます

- エネルギーこれはジュール=ワット - 秒のvapeの間のエネルギー消費です。この値は、経時的な真の統合アークパワーです。それは、温度制御された蒸気発生の間(そしてまたバイパスモードにおいても)、電力は一定ではなく、調整のために時間とともに大きく変化するので、それは電力積分である。カウンターは0にリセットできます。

- BatCapこれは非常に興味深いカウンターです。満充電されたバッテリーの挿入後すぐにリセットされ、新しいバッテリーが挿入される前にチェックされると、バッテリー容量が表示されます。この機能を使用すると、ユーザーは、バッテリーが製造元によって宣言された容量を持っているかどうか、またはバッテリーが消耗しているかどうかを確認できます。このカウンターは0にリセットすることができます。

- TotCycl“ Total Cycles”はモッドライフ全体を通してのパフの数です。リセットできません。

- TotTime「合計時間」は、4桁の時間と2分の形式の、HHHH:MMの形式での待機(待機ではない)の合計時間です。リセットできません。メニュー項目、すなわちカウンタのリセットは、リセット可能なカウンタとリセットできないものとの間に意図的に配置されている。それで、覚えているほうが簡単です、どれがリセットされます。

 

 

Dani Box 21700

 

クッソ長えしっかりと細かく書かれているマニュアルです。まぁとりあえず触ってみて慣れたほうがいいですね。不明な部分があったらマニュアル確認でいいかと。「習うより慣れろ」だね。

 

アトマイザーを乗せてみる

Dani Box 21700 KRMA RDA

Dani Box 21700

Dani Box 21700

Dani Box 21700

Dani Box 21700 Kayfun [lite] 24mm

 

やはり25mmまで乗せられるというのは大きなポイント。Kayfun [lite] 24mmなんかは似合い過ぎて怖い。同じドイツ製造だからというわけでも無いだろうが、なにせ似合う。

 

使用感

Dani Box 21700

 

見た目からもわかる通りとても握りやすいです。ハンドグリップをイメージすれば良いでしょう。指がスッと吸い付くようなシェイプです。

21700バッテリーという事で重さも中々にありますが、この重量感も材質の硬質さと相まって塊感に繋がっています。ついつい触ってしまう、こればかり使ってしまいがち。

 

久しぶりにTC(温度管理)も使ってみました。

事前にコイルのキャリブレーション(校正)をしたうえで使わなければ正常に動作させられないとか、手間の掛かるぶん緻密な制御がされているようです。実温度表示も小まめに変動してくれます。当然ながら吸っていて一度もドライにならなかったですし、なぜだか風味も凄く美味く感じましたね。

 

なににせよ「本機のみで多岐にわたる設定を完了出来る」のは競合する高性能基板であるDNAより好ましいところ。

反面、メニュー体系(UI)はとっ散らかっているわけではありませんが「相応の慣れ」は必要ですね。なにせ多機能だから項目が多い。アイコン表示でもあればもう少し馴染みやすいだろうけど、この文字のみという簡素なところが通好みというか、派手さを排したホンモノの道具感が心地よい。

 

 

まとめ

Dani Box 21700

 

個人的にこの先、価格的な意味でこれ以上高価なテクニカルMODの購入はありえないと考えます。これより高いとなると材質的な要素で高価になっているだけ。そういったガワの高級素材が内部パーツの保護を担うなら別だけど、そのような事は少ないだろう。なので結局はどうしても基板の故障の恐れがあることからDani Box辺りの価格が購入の上限かと思う。あくまでも個人的に思うだけですよ。

より高額なものを購入するとしても精密パーツが少ないメカニカルMODの購入となるでしょうね。多分。

 

 

 

 

 

これは最初の1台として選ぶ機種ではないですね。まぁそもそも最初に選ぶ人も少ないとは思うけど...。操作体系が独特で機能も多すぎる為、いくつかテクニカルMODに触れてきた後で選ぶべきだと思います。

 

21700バッテリー機で最も優れていて、洗練されているDani Box 21700は到達点であり最適解だと思う。

 

ご購入はこちら

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ