Black Coffee by DBL リキッドレビュー|苦い焙煎ブラックコーヒー

 

大容量なのに手頃すぎるブラックコーヒーフレーバー!

 

 

基本的にリキッドってのは甘いわけですよ。甘味が無いリキッドだときっと凄く物足りない!

なのだけどコーヒー風味なんかだとそこまで甘さってのは求めていない。しかしリキッドである以上は仕方ないって諦めていましたよね。甘いの好きだけど、スパスパ吸ってると、何だかもうイイや!ってなって来ることがあります。てなわけで大抵のコーヒーリキッドは残念ながら甘い。

今回吸ってみるDBLのブラックコーヒーフレーバーはひと味違うんだなコレ。

 

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

DBL Black Coffee

 

■ 仕様:Black Coffee

 

  • メーカー|DBL
  • シリーズ|ー
  • PG/VG比率|50%/50%
  • 清涼感|無
  • 内容量|105mL
  • 製造国|不明
  • 価格|約¥1,599-

 

 

ブラックコーヒー本体105mL、付属のスーパーハードミント10mL、極細ニードルボトル、日本語取扱説明書といった内容物となっています。取扱説明書は大した内容ではなかったので割愛しときます。

しっかし安いよね...。大丈夫なのか?って事がちょっぴり不安になっちゃったりして。

 

 

 

 

DBL Black Coffee

 

生産国の明記は無いけど、原材料は国産のものを使用し日本食品分析センターで検査済み。ニコチン・タールは勿論のこと科学成分等は含んでいないとの事です。

 

 

 

 

DBL Black Coffee 大容量

 

この大きなボトルは115mLは入りそうだけど、あえて105mLの容量としてあります。その理由は同梱のスーパーハードミント。

 

DBL Black Coffee 付属のミントリキッド

 

詳細不明ながら、以前は「コーヒーメンソール」リキッドを販売していたようなのだけど、ソレを添加したい人はお好きにどうぞってことで別ボトルに分けられたみたい。個人的にコーヒーメンソールはナシだけど。てなわけで冷たいの好きな人はそのまま全量足せば合計115mLでボトルが埋まるというわけです。

 

吸ってみる

DBL Black Coffee KRMA RDAで吸ってみる

 

■ テイスティング環境

 

  • アトマイザー|KRMA RDA
  • コイル|カンタルA1マイクロコイル:0.80Ω
  • コットン|Vpdam

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

KRMA RDA(0.80Ω):

焙煎感やべぇ...!これ以上に香ばしい事ってこの世にあるのだろうか。とにかく深みがありますねぇ。かなり甘味控え目としているところが特徴でしょう。そうなんです、甘ったるくないんです。いや、ブラックコーヒーと言いつつも甘味自体はあるのですが、同種のリキッドと比較するとかなり抑え目としています。コクを感じる、そして苦味も感じられるコーヒー風味となっています。香りもかなり強めと言えるでしょう。

 

 

 

DBL Black Coffee

 

私はHiLIQの焙煎コーヒー風味のリキッドが好きで300mLくらい吸ってきました。焙煎感こそ近いですが何せ甘さがまったく違いますね。今にして思えばHiLIQのは甘すぎる。

このBlack Coffeeは甘さと苦味やコクといった要素のバランスに優れます。甘さに飽きる可能性が低い。もとめていたコーヒー風味にかなり近い。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ