Takit Mini by Cool Vapor|18350バッテリーの極小MOD

 

2019年のトレンドである18350バッテリーの極小MODがCool Vaporから登場!

 

 

数年に一度は極小ブームが来るらしい。

私はと言えば世間の注目と関係無くずっと好きですけどね。小さくて品の良い感じのヤツが出てくるたびに入手したくてウズウズしちゃう!しかしここ数年はColibriを除けばこれといった18350バッテリー機が出ていなかった気がする。18650でも使えるCthulhu Tube Modはあったけど。

 

 

 

Takit Mini Drag 2

 

ところが2019年はやけに新しいものが登場しているんですよね。そんな中からCool VaporがリリースしたTakit Miniを使ってみました。

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Takit Mini パッケージ

 

Takit...は何と読めばいいのだろうか?やっぱ「タキット」なのか。

 

 

 

 

Takit Mini パッケージ

 

開いた瞬間から極小だった。久しぶりに小さいの見たって感じ。んで見慣れないモノも同梱されています。

 

 

内容物

Takit Mini 内容物

 

内容物一覧

 

  • Takit Mini Mod
  • Steel Chain
  • Connection Ring
  • Tool|Hex key

 

製品仕様

Takit Mini

 

■ 「Takit Mini」スペック

 

  • タイプ|メカニカル
  • 大きさ|Φ22x48mm
  • 重さ|45g
  • 材質|SUS316/他
  • バッテリー|18350x1
  • コンタクト|510
  • 動作モード|ー
  • 最大出力|30W
  • 対応抵抗値|0.5-3Ω
  • 電圧範囲|3.3-4.2V
  • カラーバリエーション|全1色
  • 製造国|中国
  • 公式サイト|ー

 

基板搭載なのにメカニカル
Takit Miniは一般的なボックスMOD同様に基板実装しており一定の保護機能は搭載していますが、ユーザーによる電圧調整は行えずコイル抵抗値とバッテリーにより出力が決定されます。その仕様によりレギュレーテッドでは無くメカニカルMODに分類されます。ColibriやCthulhu Tubeと同様の製品です。

 

製品詳細

Takit Mini

 

もうこの感じ、好きな人には堪らないんじゃないでしょうか。

シンプルなシェイプに大きめで押しやすそうなパフボタン。そしてバッテリー装着向きを表している「ー」と「+」の開口。

 

寸法としてはアトマイザーの乗るトッププレート部分とパフボタン下、底の3箇所が膨らんでいてΦ22mm。他の部分はΦ21.6mmとなっていますね。

 

 

 

 

Takit Mini トップとボトム

 

コンタクト部分の接続は当然510。底にはロゴやシリアルNo.といった刻印。

 

 

 

 

Takit Mini 内部

 

内部には基板が搭載されています。と言ってもMOSFETである事くらいしか情報がありません。残念ですねー、チップの仕様は公開しないと搭載している魅力が半減です。おそらくは、対応電圧が「>3.3V」なので下回る場合は通電カットされるっぽいし、短絡での通電カットもありそうです。

 

 

 

 

Takit Mini 分解すると3ピース

 

大まかには3ピースに分解可能となっています。破損しづらい構造なのがメカニカルの魅力。

 

 

Takit Mini 基板とパフボタン

 

アトマイザーを乗せる側、基板の入っている側になりますが、ネジ留めされていないので基板はポロッと外れる。パフボタンも同じく。

 

 

 

Takit Mini 基板アトマイザーとの接点面

 

こちらはアトマイザーのコンタクトピンと接する面になります。接点が凄く持ち上がっていますが、1度アトマイザーを装着すればシリコンの絶縁材に押し付けられるように曲がります。

 

 

Takit Mini Cthulhu Tube Mod 基板比較

 

2019年現在予備基板の入手性が最も高いCthulhu Tube Mod用基板(画像右)は流用不可でした。バッテリーとの接点の背が高くバッテリー自体がチューブ内に収まらなくなるためです。

 

 

 

 

Cthulhu Tube Mod Takit Mini Colibri 4

 

ここで大きさの比較。Cthulhu Tube ModはΦ24mmで丈もある。Colibri V4はとにかく小さい。

 

 

 

 

Cthulhu Tube Mod Takit Mini Colibri 4

 

とにかく小ささに拘るならColibri V4になるのでしょうが、Takit Miniはもう十分過ぎる小ささです。

 

 

 

 

Takit Mini チェーン

 

あぁそだ、興味ないから忘れてたけど同梱のチェーンは同梱のアトマイザーベースに付けて首から下げる為のものですね。

 

 

Takit Mini チェーン装着図

 

このアトマイザーベースはΦ22.5mmまで対応してるとのこと。アトマイザーで挟み込んでビューティーリング的な装着感となりますね。

ただねぇ、このチェーンが結構重いんだよね。首凝りそう。

 

 

アトマイザーを乗せてみる

Takit Mini KRMA RDA Takit Mini Bambino RDA Takit Mini Furnace RDA Takit Mini Berserker MTL RDA Takit Mini Gate MTL RTA

 

 

使用するバッテリーについて

Takit Mini 18350 KeepPower 1200mAh

 

本体の表示がわかりやすくて良いですね。アトマイザー側に「ー」極を向けて挿入です。

 

使用するバッテリーと抵抗値について
IMR18350バッテリーの定格電流は7A~10Aが一般的。詳しくはバッテリー毎の仕様を必ず確認して下さい。負荷を考慮してコイルの抵抗値には十分配慮して下さい。放電量はオームの法則で算出可能ですので必ず使用者自身の理解のもと運用して下さい。

 

 

Takit Mini 接点は調整可能

 

バッテリー長に対してキャップ内の「接点伸長」を付属の六角レンチにて調整可能。

今回使用している1200mAhのKeep Power製18350の全長が丁度35mmで、接点を一番縮めた状態でピッタリ収まりました。なので用いる予定のバッテリーが35mmより長い場合(ボタントップなど)はキャップがキッチリと閉じれない恐れがあります。逆に短い場合(Efestのフラットタイプなど)には、接点が結構伸ばせますからまったく問題ないでしょう。

 

 

使用感

Takit Mini KRMA RDA

 

今回は0.7Ωにビルドしたアトマイザーを乗せて使用しました。立ち上がり速度云々は基板を挟んでいるとはいえ、基本はバッテリー性能が直に出てると思いますので、特に述べる事もないでしょう。まったく問題なく他のメカニカルチューブと変わりません。

定電圧での放電が行えないのはColibriやCthulhu Tube Mod同様となり、バッテリー残量の減少とともに立ち上がりが遅くなってくるのも同じです。バッテリー劣化を防ぐために3.3Vを閾値として通電カットされますが、その前の時点で立ち上がりの遅さにバッテリー交換せざるえないでしょう。

 

Takit Miniはパフボタンが比較的大型である点が優れており、この点だけで言えばColibriやCthulhu Tube Modより扱いやすいと言えます。押し応えはスイッチパーツがいづれのMODも同じモノを用いられているようで、カチッとした感触で好ましいですね。

 

 

まとめ

Takit Mini

Cool Vapor|Takit Mini

9/10

 

Takit Mini のココがイケてる

 

  • 極小
  • 押しやすいパフボタン

 

 

Takit Mini のココがイマイチ

 

  • 付属のチェーンは不要だった

 

 

 

Takit Mini

 

付属のチェーンは好みの問題だから使いたい人もいるだろうけど、個人的にはナシかなー。首からぶら下げておくにしても、使用しない時はバッテリーは抜いておかないとね。

 

18350サイズという容量が少なくならざるえないバッテリーでの運用ですから、私は大容量な以下のバッテリーを使用しています。それに加え抵抗値は高め(0.8Ω以上)とするのが良いと思いますね。

 

created by Rinker
KEEPPOWER
¥1,520 (2019/11/20 00:26:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

言ってしまえばColibri的なのが欲しいならTakit Miniは良い選択肢の1つだと思います。安価で入手性も良いですし不満点らしいものが無かったですね。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ