アイキャッチに全く脈絡はありません。Comp Lyfe の Miniシリーズから「X Mini Mod」を紹介します。

 

 

今回はレビューというより紹介に近い内容になります。メカニカルは書く事も少ないしそんな感じで。さて、Comp Lyfe の製品の中にはとってもお高い製品もありますが、今回紹介するのは Miniシリーズという事でプライスもミニ、とまではいかないまでも優しい。だから手にしたってのもありますね。とにかく小さいのが好きなんです。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪
ー スポンサードリンク ー

パッケージ・内容物

 

パッケージとしては、本体が入った巾着と正規認定証のみです。一応シリアルはボカシときます。若いです。

 

 

 

 

 

製品仕様

X Mini Mod
・径:25mm
・高さ:59mm
・重さ:130g
・材質:ブラス
・バッテリー:18350

最大部で25mmですが、アトマイザーが乗る部分は24mm位ですかね。

 

 

 

 

 

18350バッテリー専用で小振りなのですが、ブラス製且つ25mm径と肉厚であることから「重い」ですね。

 

 

 

 

 

製品詳細

 

名称通りボディに「X」の彫り込みが入った造形となっています。

 

ボディ中頃のみ絞り込まれたシェイプとなっています。

 

 

 

 

 

ブラス製なので当然ながら光沢も強く、指紋も浮きやすい表面となっています。磨き甲斐がありますね。

 

アトマイザーとの接続は中継パーツの無い「ハイブリッド接続」です。ベントも7箇所空けられています。

 

 

 

 

 

ボトムのパフボタン部になります。とにかく格好いいエングレービングで、ブラス製だからこそ“キマる図柄”だと思います。

 

 

 

 

 

 

スイッチパーツを取り外してみました。このパーツ自体が大きく重く、深く本体に入り込むのがわかります。

 

 

 

 

 

 

バッテリーとのコンタクピンは通電性の良いカッパー製となっています。

 

 

 

 

 

 

スイッチパーツはテーパーとなっています。そのため使用するバッテリーが多少長くても、その違和感を吸収出来る構造です。

 

 

 

 

 

アトマイザーを乗せてみる

Royal Hunter Mini × X Mini Mod

 

 

 

Ghoul RDA × X Mini Mod

 

 

 

Merlin Mini RDA × X Mini Mod

 

 

 

Tobhino RDA × X Mini Mod

 

 

 

Peerless RDA × X Mini Mod

 

 

22mm径でもショート丈なら違和感無し。24mm径なら普通にマッチします。ってかまぁ全て主観だけどねー。

同社製のドリッパーを合わせるのがベターでしょうけど、買えないわー。それに色々合わせて楽しむってのもVAPEの魅力ですから。

 

 

 

 

 

まとめ

 

とりあえずズッシリ重い。とても小さいんだけど重いから「塊感」はとても感じられます。造形の格好良さと小振りさが合わさってカッコ可愛い。

 

使用バッテリーが18350ですので低い抵抗値での運用は不可です。でも私が日頃最も設定している0.8Ωくらいなら使えます。それとハイブリッド接続なので、コンタクト確認はキッチリ確実に行う必要がありますね。

 

この手の製品に通電性とか、良いに決まってるって感じ!実際に良いです。立ち上がり速い!

 

 

今回何気なく手にしてみましたが、買って良かったです。

ー スポンサードリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ