Charlie's Chalk Dust(チャーリーズ・チョーク・ダスト)のUncle Meringue(アンクル・メレンゲ)を吸ってみます。

 

たぶん2017年に登場したリキッド。どうやら海外での評判がいいみたい。今でも売られているから好きな人が多いのでしょう。

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Uncle Meringue

 

チャーリーは町で唯一のペーパーボーイになった。そこまでは読んだ。

公式のStoryが面白い。

しかしながらリキッドの風味についての説明なんてのは皆無。Uncle Meringueだから叔父さんのメレンゲって名前のリキッドなんだな。

 

製品仕様

Uncle Meringue

 

■ Uncle Meringue スペック

 

  • メーカー|Charlie's Chalk Dust
  • シリーズ|Meringue
  • PG/VG比率|30%/70%
  • 清涼感|無し
  • 内容量|60mL
  • 製造国|USA
  • 価格|ー

 

吸ってみる

Uncle Meringue

 

■ テイスティング環境

 

  • アトマイザー|C-Roll RDA
  • コイル|カンタルA-1 26G 抵抗値0.6Ω
  • コットン|NINJA WORKZ VAPE COTTON

 

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

 

クセのほとんどないイチゴミルクって風味。

控えめながら焼き菓子感も感じられる。まぁリアルな感じでもなくお菓子のパフっぽさってところだが。

 

全体的にちょっと薄めかなぁ。ガツンともなんとも来ない。

甘みはあるけど、嫌味じゃないくらい。クドくなくチェーンはしやすい。

 

美味しいんだけど、言ってしまえばよくある風味なんだな。

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ