CANNERGY(カナジー)|高品質で安全な2種類のCBDポッドデバイス!

 

CBDによりストレスから解放。

 

 

CBDポッドデバイスCANNERGY(カナジー)は国内で製造されたリキッドを用いられています。

国内検査機関にリキッドの安全性分析とTHC非含有確認成分分析(違法となる成分が含まれない事)を実施しており、安全性が確保された高品質な製品展開となっています。

 

 

CBDとは?

 

大麻(麻)の日本においてのイメージは今更ココで語るまでも無いでしょう。世界各国においても合法化運動が起きており、医療として用いる事による効能も認められています。しかしながら意識の鈍化、認知機能の低下が顕著にみとめられ、ゲートウェイドラッグとしてのイメージも強いです。

さて、大麻に含まれる科学物質である『カンナビノイド』は数十種類の成分にのぼりますが、中でも『THC』『CBN』『CBD』が三大主成分と言われています。その内、日本で禁止されている『THC』に陶酔成分が認められています。

今回のリキッドにも含まれる三大主成分の1つである『CBD』は陶酔成分が極めて低い、または一切無く、日本においても『合法』です。研究によりCBDは『痛みの緩和』『痴呆』『ストレス』他様々な症状に非常に有効であると認められた成分なのです。

しかしなぜ合法であり良い効能が認められているにもかかわらず認知度が低いのか。それは製造コストが馬鹿高いからです。この成分の抽出にお金が掛かるために広く製品化されずにいるのが現状です。

 

 

という以前書いたCBDに関する解説を引用しときました。

要するに...

CBDは違法性がなく人体にとって有用な成分なのが認められてますが、その抽出に掛かるコストの為に商品が高価格であり広く認知するに至らないといった現状です。

 

 

 

CANNERGYとは?

CANNERGY(カナジー)全種類

 

CANNERGY(カナジー)というブランド名は麻を原料とした「カンナビジオール」と「エナジー」を組み合わせた造語で『麻の活力』を意味しているとのこと。

高品質なCBDを用い国内のISO9001(国際品質規格)認定工場にて製造されています。

現時点でのラインアップとしては「カートリッジ交換タイプ」と「使い切りタイプ」の2種類が展開されており、それぞれに対応したリキッドが3種類用意されています。

 

 

 

製品詳細

CANNERGY(カナジー)CG1パッケージ

 

まずはカートリッジ交換タイプの「CG1」から見ていきましょう。

CG1は2カラーのバリエーションがあり、今回レビューする「ファントムブラック(CG1-B)」ともう一つ「パールホワイト(CG1-W)」があります。性能に違いは無いのでお好みで選べばいいでしょう。

 

 

 

内容物

CANNERGY(カナジー)CG1内容物

 

内容物は以上が全てです。このカートリッジ交換タイプCG1に関しましては本体のみでの商品となっています。よって使用するには後述のCG1交換用カートリッジを併せて購入する必要があります。

 

 

 内容物
  • CG1
  • 充電用USBケーブル
  • ユーザーガイド
  • 保証書

 

 

CG1詳細

CANNERGY(カナジー)CG1外観:前面

 

 

 仕様
  • 大きさ:81×25.5×12mm
  • 重さ:21g
  • 材質:アルミ合金
  • バッテリー容量:400mAh※リチウムポリマー
  • 充電電圧:5V
  • 充電電流:400mA
  • 動作温度:-10℃~45℃
  • 保管温度:-10℃~45℃
  • 保管湿度:45%~65%
  • 保管条件:密封、遮光、乾燥

 

CG1本体はとても小型軽量。サイズは81×25.5×12(mm)で重さは21gしかありません。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1外観:側面

 

とても薄くてスマホ並みの厚み。なんだろう、このフォルムには既視感アリアリです。様々なメーカーによるいくつもの製品で擦り倒されたようなルックスであり新鮮味というのは希薄ですね。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1外観:ブランドロゴとLED

 

シンプルにブランド名『CANNERGY』の印字。ファントムブラックの色合いはとても綺麗。大人っぽい色味だよね。表面はアルマイトで埃も付きにくそうなスベサラ触感。

中央付近にあるLEDが吸引時に白くブリージングで点灯・減灯し、充電開始時に点滅で合図してくれます。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1外観:背面のロゴマーク

 

背面はロゴのみ。CANNERGY(カナジー)のCがヘンプマークを囲んでいるというイメージ。どこか家紋チック。

 

 

充電について

CANNERGY(カナジー)CG1 充電はマイクロUSB

 

充電用ポートはマイクロですね。やはりここはTYPE-Cコネクタ・ポートにして欲しい昨今。

まぁTYPE-Cだと電圧コントロールとかで内部チップ的にコスト上がるんかな...。

充電効率のほうは400mAと控えめな充電電流量なので満充電までは1時間くらい掛かる見込み。ここはこまめな充電で対応すれば問題ないでしょう。

 

 

交換カートリッジ

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換カートリッジ3種類

 

先に述べた通りCG1はバッテリー本体のみの商品ですから、別途交換用カートリッジの購入が必要となります。

大抵のポッド製品本体には何らかのカートリッジが1個は同梱されてるものですが、それに慣れてると思わぬ落とし穴になりかねないね。※セット販売あり

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換用カートリッジ3種類のパッケージ

 

 

 

交換用カートリッジ

 

  • マンゴー&グレープフルーツ (CBD 5%)『CG1P-1
  • パイナップル (CBD 10%)『CG1P-2
  • 緑茶メンソール (CBD 15%)『CG1P-3

 

 

各風味ごとにCBD比率が決められています。なのでパイナップル風味だったらCBD5%や15%は存在せず、10%と決まっているわけです。

これはCBD濃度によって変化する風味とのバランスを考慮しているのではないでしょうか。要するに吸いやすく良い香りを楽しめる配分にしてるっぽい。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換用カートリッジ開封

 

綺麗にパッケージングされています。内容量は1mL。

1mLと聞くととても少なく感じるかもしれません。ですが内部コイルの抵抗値は2.7Ωとかなり高めとなっており、1カートリッジ当たり200回は吸えるとのこと。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換用カートリッジ外観

 

 仕様
  • 大きさ:38.7×24.5×11.8mm
  • 重さ:6.7g
  • 材質:PCTG
  • 霧化芯材質:セラミックス
  • 抵抗値:2.7Ω
  • リキッド容量:1mL
  • 吸引回数:190-220回
  • 保管温度:-10℃~45℃
  • 保管湿度:45%~65%
  • 保管条件:密封、遮光、乾燥

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換カートリッジの吸い口

 

吸い口にある穴の保護キャップを取り外しました。この穴からミストが出てくるわけです。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換カートリッジの接点部分

 

こちらにもシリコン保護が成されています。この保護されてる2穴がエアー吸気穴となっています。

こうした保護はとても親切で丁寧ですよね。使用時は取り外してから本体に装着しましょう。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1用の交換カートリッジ装着画像

 

本体であるCG1に装着した状態です。見ためとしてはよくあるポッドデバイスとなっていますね。

この装着時で長さが100mm弱といったところ。とても軽くて小さいですから胸ポケにも余裕で収まります。

 

CG1S(使い切りタイプ)

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプ3種類のパッケージ

 

さて、ここまで見てきたカートリッジ交換タイプのCG1とは大きく異なる立ち位置となる「使い切りタイプ」を見ていきます。

 

使い切りタイプ

 

  • マンゴー&グレープフルーツ (CBD 5%)『CG1S-1
  • パイナップル (CBD 10%)『CG1S-2
  • 緑茶メンソール (CBD 15%)『CG1S-3

 

こちらの「使い切りタイプ」も「カートリッジ交換タイプ」同様の風味、CBD配合率でラインアップされています。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプを開封

 

 

 仕様
  • 大きさ:70.7×21.3×10.9mm
  • 重さ:16.8g
  • 材質:ー
  • バッテリー容量:250mAh
  • 電圧:3.6V
  • 霧化コア材:有機綿
  • 抵抗値:3.0Ω
  • リキッド容量:1mL
  • 吸引回数:約320-350回
  • 保管温度:-10℃~45℃
  • 保管湿度:45%~65%
  • 保管条件:密封、遮光、乾燥

 

私もこれまで色々な製品に触れてきましたが、バッテリーを内蔵した製品で使い切り(使い捨て)ってのは初めて出会いましたね。

贅沢というか、思い切りが良いというか...。とにかく驚きです。

 

 

 

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプの外観

 

クリーンなパッケージングがされています。当然ながら衛生的な環境で組み立てからパッキングまでされていますから、とにかく綺麗な状態で使い始められます。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプの吸い口と保護キャップ

 

同じ包装内にシリコン製のキャップも封入されていました。

300回以上の吸引が可能な製品だから何日にも渡っての使用となります。となるとポケットに入れた時とかは吸い口をガードしたくなりますもんね。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプの吸い口アップ CANNERGY(カナジー)使い切りタイプの底部分

 

全体的に小振りになっていますが吸い口のホール径は同一のようです。

決定的に違うのは底ですね。「使い切りタイプ」ですから充電出来る構造にはなっていません。中央の穴は内部にLEDがあって吸引時に青く光ります。手前にある穴はエアー吸気穴となっています。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)CG1と使い切りタイプを並べてみた

 

こうして並べてみると「カートリッジ交換タイプ」と「使い切りタイプ」ではかなり大きさが異なりますね。

 

 

吸ってみる

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプ3種類のパッケージ2

 

まずはカートリッジ交換タイプから吸ってみたいと思います!

 

 

マンゴー&グレープフルーツ

意外にも、と言ってはなんだが予想外にハッキリとした香りを感じました。そして清涼感があります。

どちらかと言えばグレープフルーツが強めでほのかにマンゴーが香るという上品な風味となっています。そして程よい清涼感が風味とマッチしているし、何より吸った感に繋がっていますね。

 

パイナップル

おっと、こちらは清涼感なしですね。ほのかなパイナップル風味。パイナップル単体の風味って珍しいなぁ。決して濃くはないんだけど、何故かクドく感じる...。甘みなんかは感じられない、純粋に香料のみって感じなのだが。うーーん、何故こちらには清涼感がないのでしょうか。風味が完全に消えちゃうからかなぁ。

 

緑茶メンソール

喉にグッと来ますね。なんでだろ、そんなにメンソール強めって感じでもないんだけど、喉へのヒット感が強いです。風味としては爽やかな緑茶ですね。渋味とかは感じずにアクセント的に存在する緑茶って感じでした。とても吸いやすいですね。

 

 

CANNERGY(カナジー)カートリッジ交換タイプ

ドローについて

いづれのカートリッジもMTL向けです。まさにタバコのように吸えます。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)使い切りタイプ3種類のパッケージ3

 

 

続いて使い切りタイプを吸ってみたいと思います!

 

 

 

意外にカートリッジ交換タイプとは微妙に抵抗値が異なる(高い)のですが、吸った感覚的には風味や清涼感の感じ方も同一と言えますね。ドローに関してもほぼ同じに感じます。

ただ、何となくの微妙な感覚の違いですが、こちら使い切りタイプのほうが好みでしたね。なんだろ?サイズが小さいのが関係あるのか。

 

好みは断トツでマンゴー&グレープフルーツ。喉のヒットを求めるなら緑茶メンソール。パイナップルは薄味だからイマイチかな。CBD配合率的にはマンゴー&グレープフルーツが一番低くなっちゃうんだけどね。

 

まとめ

CANNERGY(カナジー)2タイプのCBDデバイス

 

 

3種類のCBD配合率を吸ってみましたが、過去に体験したCBD製品同様に明確な知覚出来るかどうかは、その時の環境や状態に左右されるものであるし、そもそも人によって大きく影響度合いが変わる部分でしょう。といったこれまでの見解から変わりはありません。CBDってそういうものです。

 

おススメはリラックス出来る環境でゆったりと吸って、貯めて・・・吐く。明日の事なんか忘れてさ。

 

 

 

 

CANNERGY(カナジー)2種類のCBDデバイス黒背景

 

CANNERGYの特徴としては「使い切りタイプ」の存在でしょう。袋から取り出して1秒で吸えるデバイス。そんなの他に無いでしょう。

まさか充電すらしない完全なるディスポーザブルという潔さ。※廃棄は各自治体に従って適切に行って下さい

 

冒頭CBDの説明で書きましたが、CBD製品全般に言える事なのですが高価格である点は否めません。

これはCBD自体の抽出メーカーが限られている事と、それを海外から購入し国内で更にリキッドとして仕上げなければならない事情からも致し方ありません。以前も書きましたがCBDはサプリメントのように継続的に摂取する事からも、その効能が広く認知され価格が下がってくれなければならず、こういったCANNERGYのような製品が活発に登場してくれるのは、その土壌造りに良い事でしょう。

 

一応言っておくと、CANNERGYはVAPE製品ですが一般的なリキッドのようにスパスパ吸うというより、一日の終わりにゆったりリラックスする為に使うのに適しているから、そんなに直ぐに空になったりはしないでしょう。高価格だけどそこのところは使い方次第ですから。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ