Pioneer RTA by BP Mods レビュー|圧倒的にオススメなタンクアトマイザー!

 

また一つ、MTL好きに訴求するタンクアトマイザーが登場した。

 

 

BP ModsのPioneer RTAは...と前置きはいいか。素晴らしいアトマイザーです。製造はDovpoが行っています。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Pioneer RTA パッケージ

 

さぁ、期待感の高まる(エルメス的な)オレンジの化粧箱。アトマイザーのパッケージとしてはかなり大きいです。

 

 

 

 

Pioneer RTA パッケージ
Pioneer RTA パッケージを開いたところ

 

デザイナーを模しているそうだが、髭の人が描かれておる。中身のレイアウトも丁寧な感じで高級感もあったりする。

 

内容物

Pioneer RTA 内容物が充実している

 

本体のほか、ドリップチップとタンクチューブが2種類づつ付属。

 

 

 

Pioneer RTA アクセサリーバッグ

 

他にもギッチリ。中身を取り出してみよう。

 

 

 

 

Pioneer RTA アクセサリーバッグの中身

Pioneer RTA 内容物
本体 Pioneer RTA
ドリップチップ Peek
標準タンク PC
エアフローパーツ φ1.2/φ1.5
ドリップチップ PC/PEI
タンクパーツ PC/PEI
スペア ポストネジ
 〃 Oリング
プリメイドコイル 詳細不明
取扱説明書 日本語無し

 

Pioneer RTA ユーザーガイド

 

ユーザーズマニュアルというかガイド的な紙が1枚。あまり低抵抗向けじゃないって事と、テクニカルMODで使えって感じですかね。

 

製品詳細

アウトライン

Pioneer RTA 正面から見た外観

 

シンプルという言葉では片付けられないですね。個性もありますし細かな拘りが沢山あります。

直径は22mm、ドリップチップ先端からコンタクトピンの先端までが52.8mmとなっています。

ちなみに画像のカラーはそのまんまSUSですが、同時にDLCコートされたものもリリースされています。DLCコーティングはこういった金属自体を切削する工具に施すもので、潤滑性や切り粉の排出に優れた高価なコーティングですが、ぶっちゃけアトマイザーに施す意味は薄く、個人的には見ため的な色味を重視した塗装のほうが魅力的です。この辺りは個人の主観ですけど。

 

 

 

 

Pioneer RTA 上から見た外観

 

トップにはまたもデザイナーが登場。よく見りゃ頭ピカってるけど、スキンヘッドなんですかね。

そしてドリップチップは細いし、絶縁材で用いられるPeekってのが変わっているところかもしれませんね。意外と違和感なし。

 

 

 

 

Pioneer RTA 控えめなエアホール

 

エアインテークは1箇所。かなり狭い溝に空けられている事から、一見しても目立たず外観上の野暮ったさを感じさせません。というかPioneer RTAで最もカッコいいと感じた部分。

 

 

 

 

Pioneer RTA エアホール部分の拡大

 

勿論このリングを回転させてのエアフローコントロールが可能です。

 

 

 

 

Pioneer RTA ラウンドのエアホールも有り

 

ちなみに回し続けると小さいラウンドが6穴現れます。開放する穴数がわかりやすく調整出来てグッドです。

 

 

 

 

Pioneer RTA 底面の画像

 

底はこのような感じ。肉眼ではわからなかったけど、一部カラーに焼かれているようだ。

 

 

 

 

Pioneer RTA コンタクト部分の拡大

 

コンタクトピンの突出量は0.2mm、コンタクト部分の全長は4.3mmとなっていました。

 

ディテール

Pioneer RTA ドリップチップを外した状態

 

ドリップチップは510仕様となっており、接続部の長さは4.4mm。色々と付け替えても楽しそうだけど、この純正がカッコいいときたもんだ。

 

 

 

 

Pioneer RTA ドリップチップの差し込み側

 

内径は狭くてφ3mmです。MTL向けと言っていいでしょうね。

 

 

 

 

Pioneer RTA ドリップチップは2ピース構造

 

ネジ切りされている2ピース構造。脱着もスムースでとても精度高く感じる。

 

 

 

 

Pioneer RTA 付属と合わせてドリップチップは3種類

 

先端側ピースのみを同梱のPCやPEIと交換してイメチェン可能。

 

 

 

 

Pioneer RTA カラフルに付け替えを楽しめるドリップチップ

 

欲を言えば黒色も欲しかった。でもまぁこれでも十分ですけどね。

 

 

 

 

Pioneer RTA トップキャップの拡大

 

ドリップチップを外したあとのトップキャップはこのような状態。ここから見えるチムニー出口も狭い。全体的に吸気から出口まで一律タイトな造りとなっている事からもMTL向けという感じ。

 

 

 

 

Pioneer RTA トップキャップを外したところ

 

ヒートシンク状のトップキャップは重厚です。見ての通り何やらギミックが。

 

 

 

 

Pioneer RTA トップキャップの接続部拡大

 

キャップ側の突起をこちら側の溝に這わすように装着するという構造。

 

 

 

 

Pioneer RTA 接続部は45度の回転で着脱可能

 

この構造によりキャップの脱着は45度くらい回すだけで行なえます。よくある回しても回しても「まだ回さんなんのかいっ!!」というような煩わしさがありません。

 

 

 

 

Pioneer RTA フィルポートとチャンバーパーツ

 

フィルポート~チャンバーチムニーパーツ(一体構造)はデッキとタンクと同時にスレッドによる装着となっています。実にスムースな着脱感ですよ。

 

 

 

 

Pioneer RTA チャンバーパーツを横から見た

 

このような感じですね。

 

 

 

 

Pioneer RTA 同梱タンクパーツを合わせれば3種類

 

分解途中ですが同梱のタンクパーツ2種を付け替えてみます。

 

 

Pioneer RTA スモークタイプのタンクパーツ
Pioneer RTA PEI製タンクパーツ

 

さりげにイメージチェンジ可能です。

 

 

 

 

Pioneer RTA チャンバーパーツを逆さにした

 

ハナシを戻すけどコレがチャンバーパーツ。

 

 

 

 

Pioneer RTA チャンバーパーツ内部

 

チャンバー内の天井はフラットな造りです。ミスト排出に有利なドーム形状にも出来そうな内寸でしたが、あえてのフラット形状。

 

 

 

 

Pioneer RTA デッキ全体図

 

デッキ。

 

 

 

 

Pioneer RTA デッキを横から
Pioneer RTA デッキ背面

 

片側にポストが寄せられた構造。極力チャンバー内を狭くしたい狙いなのか、片側を埋めるような壁が建っております。

 

 

 

 

Pioneer RTA デッキを真上から見た

 

ジュースホールがチャンバー外に伸びているのが特徴的。そして中央のエアホール。

 

 

 

 

Pioneer RTA エアフロープラグ3種

 

前述通りリングを回してのエアフローコントロールもありますが、コンタクトピンを換装してのエアフロー調整も行えます。

 

 

 

 

Pioneer RTA エアフロープラグの換装は底から行う

 

当然ながら底からピンを取り外します。

 

 

 

 

Pioneer RTA デッキ分解図

 

ちなみにここまで分解が可能です。うん、全体的に綺麗な造りしてますね。

 

 

 

 

Pioneer RTA 3種類のエアフロープラグの穴径の違い

 

ピンの内径は初期装着がφ0.8、同梱のほうがφ1.2、φ1.5となっています。今回はガッツリと絞っていきたいのでφ0.8を使います。ちなみに換装だけならビルド後でも可能ですね。

 

ビルドしてみる

Pioneer RTA ビルド準備

 

プリメイドコイルが同梱されていましたが、普段使う単線で組んでどうなんだ?ってのが知りたいので巻いていきます。

 

 

 

 

Pioneer RTA コイラーで巻き巻き

 

26ゲージの単線を内径2.5mmで組みますね。適当にPolymer使ってグルグルと。

 

 

 

 

 

 

Pioneer RTA デッキにビルドする

 

んまぁ簡単だこと。両端ともワイヤーホールに挿し込んでコイルをエアホールの真上に来るようにポジショニングします。

 

 

 

 

Pioneer RTA コイル設置を横から見る

 

エアホールからの距離はこのくらいとしてみました。L型クランプないとこれ以上は下げられないね。

 

 

 

 

Pioneer RTA 余剰コイル切断位置

 

余剰分はポスト背面でカットすればOKですが、チャンバーまではクリアランスもあるのでそこまで神経質にならなくてもいいですね。

 

 

 

 

Pioneer RTA ビルド後真上からデッキを見る

 

真上から見るとこのような感じです。ここまで出来たら一旦熱を通して成形してからウィッキングです。

 

 

 

 

Pioneer RTA ウィッキング

 

こういった簡単にビルド出来るアトマイザーって凄く多いですが、問題はコットン量をどうするか?ってところは少し考えなければいけませんね。

 

 

 

 

Pioneer RTA ジュースホールを塞ぐ図

 

ジュースホール部分を埋めるようにしときましょう。抵抗値にもよるけど、Pioneer RTAは多少多めでも良いかもです。実際に画像の感じで吸ってるとちょっとウェットだなぁって感触でしたので。

 

 

 

 

Pioneer RTA ウィッキング後のデッキを真上から

 

抵抗値0.95Ωくらいですが、画像のコットン量では少し足りないって感じでしたね。

 

 

 

 

Pioneer RTA 大きなフィルポートでラクラク補充

 

とても広いフィルポートなので不便なくリキッド補充可能です。地味にポイント高い。

MODとの組み合わせ

Pioneer RTA x iStick Pico

Pioneer RTA x iStick Pico 横から

 

Pioneer RTA x Easy Side Box Mod

Pioneer RTA x Easy Side Box Mod 装着図

 

 

Pioneer RTA x Dani Box 21700 Pioneer RTA Drag 2 Pioneer RTA x K Box Mini Pioneer RTA 101 Pro Tube Mod Pioneer RTA x Luxem Tube Mod 18350

吸ってみる

Pioneer RTAで吸ってみる

 

 

抵抗値0.95Ωにて吸ってみます。

まずはドローが重っいぃ!に驚き。コンタクトピン側の影響が大きいようで、リングのエアフローコントロールでの変化は少なめです。全穴開放してもかなり重いドローとなっており、MTL派はニンマリですな。

風味はもう思いっきり濃縮されててね、濃密で重いドローと相まってタマランですわ。

 

以上が1番狭い径のコンタクトピンφ0.8を使用した感想ですが、1番大きいφ1.5で吸うとDLとなります。スカスカってほど軽いわけではないですが、かなりの変化。これだけ軽くても風味はバッチリ濃いのです。中間サイズのφ1.2はドローの重さもキッチリ中間。ライトなMTLといったところかな。個人的にはこのφ1.2でエアホール半開が好みでした。

 

まとめ

Pioneer RTA まとめ

 

久しぶりに、プライス込みで考えてオススメ出来るタンクアトマイザーだな、という感じでしょうか。

良い点ばかりだけどPioneer RTAのまとめとして以下の通り。

 

  • とても良い品質
  • 濃密な風味生成
  • 着脱容易なトップキャップ
  • 広いフィルポートは地味に便利
  • リキッド保持量もしっかり確保されている
  • ビルド後でもAFCピンの換装可能
  • 幅広いレンジのエアフローコントロール
  • 実害ないけど0.95Ωでもタンク周辺の熱保ち顕著

 

DL派でもMTL派でも広い人にオススメです。ま、なにより見ためにピンと来た人なら手にして満足するでしょう。

 

Pioneer RTA の仕様

タイプ RTA
大きさ φ22x52.8mm
重さ 47g
材質 SUS/Peek
エアフロー サイド→ボトム
AFC
リキッド保持量 3.7mL
ドリップチップ 510
コンタクト 510
カラーバリエーション 全2色
製造国 中国

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ