創立期のフレーバーが冬季限定で復活!私は勝手に思っている。冬の「BI-SO」はいつも本気だと。バレンタインデーのもそうだけど、寒い時期に限定的に発売されるBI-SOのリキッドはホントに至福感が高く美味い。正直言って通常のラインアップや、よくわからない「和」シリーズ?あと「ビタミン入り」のものとか、イマイチ「それ求めてないよー」ってモノが多い。

だけど寒い時期にはスタバみたいに限定で「ホットチョコレートにナッツ入り」みたいな温まるようなリキッドを出してくれてます。多分、年中売っていても却って買わないんだろうなー。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

ラベル&製品仕様

樽をイメージした紙パケ。いやコレ、それなりに大きいんです。私は組み立てた状態で貰いましたが、通販とかだと折りたたんだ状態で来るみたいですよ。

 

 

 

製品仕様
・PG/VG:40/60
・容量:30ml
・価格:¥2,400~

 

意外に思ったのがVG60%ってところ。やや低めな比率。

寒い時期にVG高いとタンクの中でリキッドが固くて動き悪いのが嫌い。それを考慮しての事なのかは定かではないけど、結果ありがたいかも。

 

 

 

ボトル自体はゴールドのコーティングがされたメッチャ鏡面仕立て。ペッカペカでプレミアム感はありますね。樽型パッケージといい「プレゼントに最適」ですな。

 

 

 

セットアップ

今回のセットアップ
・Edge RDA type R
・カンタルA1 26G
・1.1Ω

 

しっかりと味わいたいのでこのアトマイザーを使用します。

 

 

 

 

Whiskey Bon Bon を吸ってみる

さて、吸ってみましょうか。あくまでも筆者の主観によるものですので、一意見として捉えて下さい。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~

 

 

もうホントにウィスキーボンボンなんです。吸って吐くまではウィスキーなんですよ。もう酔いそう。匂いで酔いそう・・・

酔いそう・・・「ウェッ」ってなりそうなトコでナッツとチョコがフワッと広がるんですね。この後追い感は凄い!

 

終盤のチョコ&ナッツ感はいかにも「Revo」って感じなのですが、ウィスキー部分はホントにリアルにジャックダニエルな感じ。

 

 

 

まとめ

凝ったリキッドを吸いたいなら間違いないでしょう。もともとウィスキーが好きな人にも向いていそう。極端にお酒が苦手じゃない限りは楽しめる風味かとは思いましたね。

 

総合点

 

そもそもBI-SOのチョコとナッツのバランスの取り方が好きなんだろうなぁ。基本Revo系好きなんだもん。あくまでも個人的意見なのだけど、冬以外の時期にはまったく吸いたいと思わない風味ではあるかな(笑

 

名前を裏切らない再現性の高い逸品でした。

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ