特徴的なポストと2ウェイエアフローを持つドリッパー。

 

Avidvapeの「Ghost Inhale RDA」はネジ留めとクランプによるポスト構造のデュアルコイル向けな仕様。サイドとボトムのエアフローにより広範囲にコイルを冷却し大量のミストを生成。

 

提供元:BuyBest

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪
ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

アクリル製でGeekVapeやIJOYとかにありそうなパッケージ。ちょっと無駄に大きい感がある。

 

 

 

 

それでは「Ghost Inhale RDA」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

 

  • Ghost Inhale RDA
  • アクセサリーバッグ
  • 工具|マイナスドライバー
  • 取扱説明書

 

 

 

 

  • BFピン
  • 510DT
  • 510DTアダプター
  • プリメイドコイル*2
  • スペア|Oリング*4 / イモネジ*2

 

 

 

製品仕様

引用元:Avidvape公式

 

  • エアフローサイド&ボトム
  • コイル数デュアルコイル向け
  • BF対応

 

 

 

製品詳細

 

よくわからない柄、反対面には「Ghost Inhale」と彫られています。

そもそも「Ghost Inhale」は一度吐いたミストをまた全て吸い込むというトリックの1種です。

 

 

 

 

エアホールはもう顔にしか見えん。トリックとしての「Ghost Inhale」の『魂が抜けた一瞬』を表しているのであろうか?

 

 

 

 

同梱の510DT用アダプターに同梱510DTを装着。

これで紳士の完成です。ステッキ持ってそう。

 

 

 

バラしてみる

 

 

4ピース構成。言ってしまえばオーソドックスな構成であるかな。

 

ドリップチップは外径16mm、内径9mmの810でレジン製です。色味と柄のミックス具合はなかなか良いものでした。色はランダム封入で選べません。

 

 

 

 

エアフローはサイドインのボトムとサイドの2ウェイ。どちらに対してもチューブを回すなりトップキャップを回すなりで調整可能。

 

 

 

 

トップキャップ内部天井はドーム型になっています。ロスが少なくミストが出ていくでしょう。

 

 

 

 

デッキはポストセンター配置のデュアルコイル向け。

 

 

 

 

ポストはネジ留めと、その下にクランプがあります。

 

 

 

 

中央のオーバルをマイナスドライバーにて回す事によりクランプ開閉を行う構造です。

 

 

 

 

クランプはポジネガの両ポストが同時に開閉しますので、先にイモネジのほうで仮止めしてから締める感じになるでしょうか。

 

 

 

 

底はポスト固定用のネジもあり。

 

 

 

 

出代は標準的。ポストを固定しているので調整は不可です。

 

 

 

 

コンタクトピンは2ピース分割型。ともにマイナスドライバーにて脱着可能。

BF運用する場合は先端のほうのコンタクトピンのみ交換で済みますので、ポストが緩むこともありません。

 

 

 

 

完全にバラすことも可能。

 

 

 

 

ポジティブポストは貫通しており、BFピンから侵入後クランプ調整用のオーバルへとリキッドが供給されるという構造となっています。

 

 

 

ビルドしてみる

 

今回はクランプという事もあり単線ではなく、28AWG*2をコアを40AWGで巻いたフラットタイプのマイクロコイルで組んでみました。

 

 

 

 

先に書いたとおり、イモネジのほうで仮留めしてからクランプで挟んでいく。デュアルコイルながらとても組みやすいですね。

 

 

 

 

余剰リードのカットも容易。線材はNi80で抵抗値は0.2Ωくらいと低くなっちゃった。

 

 

 

 

コットンはこのくらいの長さで大丈夫ですね。

 

 

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者のいち意見として捉えて下さいね。

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

エアホール全て全開放にて!

さすがにデュアルコイルで抵抗値0.2Ωなので『濃い』風味。味のほうもキッチリ出ます。

ドローは当然ながら軽い。

 

サイドを閉じてボトムのみで吸う。全開だとかなり風味が薄く、閉じるほどに濃くはなってくるが、2ウェイ時ほどの濃さにはならない。これはこれでアリかと思う。

 

次にサイドのみで吸う。2穴開放。味は濃く出てるが、何か芯の抜けたような風味。1穴のみだとドローの重さもあって濃密感が増す。

 

バリエーションを試した結果として、ボトムを絞り気味のサイドは1穴で吸うのが好みであった。

使用者の好みに風味の濃さもドローも調整出来る柔軟性が良いですね。

 

 

 

まとめ

評価:Ghost Inhale RDA/10

 

  • 質感|良 ●ー●ーー●ー● 
  • ビルド| ●ーー●ー● 
  • 風味の濃さ| ー●ー●ー● 
  • 解像感| ●ーー●ー● 
  • ドローレンジ|軽 ー● 

 

◯ クランプによりビルドが簡単

◯ 柔軟に調整可能なエアフロー

 

 

残念ながらガワは好みじゃない。色々彫られていてゴチャついている。顔に見えるエアホールは機能と一体のものなので仕方ないけど、そのほかの柄は単なる装飾なので無くてもいいかな

 

しかしながら中身はキチンとデザインされている。まず組み付けやすいポストも優れているし、エアフロー調整も柔軟性があって良かった(ただし実際の調整で言えばトップキャップがかなり固くて回しづらい)。

 

かなりまとまった造りのドリッパーでした。ガワがプレーンだったら相当気に入ってたはず。惜しいところだ。

 

 

 

ご購入はこちら

送料無料!

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ