とにかくお得なメカニカルスコンカー

 

2017年中盤以降はとにかく各メーカーがメカニカルスコンカーを発売しています。ちょっと異様なくらい足並み揃っていて「なんだかなぁ~」って気もするんだけど。これまで高価な製品が主流だったメカスコが安価に入手出来るのは良いこと。

 

今回のDruga Squonkerはその名のとおりアトマイザーとしてDruga RDAが付属します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう

 

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

開けていく

今回購入はオフィスエッジ。おまけとして右の袋が付いてきました。中身はバッテリーケースとドリップチップとベイプバンド。おまけが必ず付くのか不明です。おそらくおまけの中身もランダムなんじゃないかな。どうせなら替えボトルを付けてくれると嬉しいけど贅沢言えないね。

 

 

 

本体のほうは帯が巻かれたのみで、ケースはありません。でも特に本体に傷とかは付いていませんでした。

 

 

 

Druga Squonker 内容物

パネルを開けると中にアトマイザーDRUGAとスペアパーツ類が収められています。

 

 

 

 

付属品一覧

 

  • ノーマルコンタクトピン
  • 510ドリップチップアダプター
  • スペアOリング
  • アレンキー
  • 注意書き

 

安価なキットだけど付属品はキッチリ揃っています。通常のコンタクトピンもちゃんと付属しているのが有り難い。

 

 

 

Druga Squonker 外観

カタチ的にはよくある感じ。耐熱性の高い複合材でマットでヌメスベな質感のガワにロゴが2箇所彫られています。そしてPEI製のパフボタン。地味にいきたい向きには有り難い大人しい見ためかと。

 

 

 

Druga Squonker 製品仕様

 

  • サイズ:73×45×22mm
  • 重量:55g(ボトル含む)
  • リキッド保持量:5ml
  • 使用バッテリー:18650

 

届いた時「小っさ」と思いました。元々あまり製品の仕様とか確認しないで買うタチなので、届いてから驚く事が少なくありません。ブログ書いてるのによく仕様を見落としてるってのは問題あるけどね。まーとにかく嬉しくなるコンパクト。

 

22mm幅って事でフィットするアトマイザーは制限されますね。ですが幅のみならず丈も相当に抑えた造りになっていてとても軽い。

 

 

 

Druga Squonker 詳細

スコンカーなので当然コンタクトに貫通穴が空いています。きわまでアトマイザーの台座が張っています。

 

 

 

カバーを外して内部を拝見。

 

 

 

パフボタンを押した際のコンタクトは単純な構造になっています。メカスコは初めて使用しますが、ここの造りがショボいモノは買ってはいけませんね。接しっぱなしになってしまう事を想像するだけで恐ろしい。

本製品はキチンと造られているように見えます。とはいえ異常がないかこまめに確認はしたほうが良いですね。カバーはすぐに外せるから手間ではないし。

 

 

 

ボトルを取り外します。筐体自体の丈も抑えられていますが、ボトル容量も5mlと控えめ。さらにホースの体積も考えるともっと少ない?かも。

 

 

 

ただ単に引き抜くだけで取り外せます。

 

 

 

リキッドを補充するのでキャップを回して外します。ボトル自体はスモークがかっていて液面がとても見づらい。クリアーなボトルを入手して入れ替える予定です。

 

 

 

標準的なノズルならキャップ外さなくても良さそうだね。

 

 

 

明るい所で見れば一応見えますが...やはりクリアーなボトルに交換したい。

 

 

 

Druga RDA 外観

デッキのデザインが気になっていて、いつか買おうと思っていたアトマイザーDRUGA RDA。キット品として安く手に入るなんてラッキー。今回はマットブラックを選択してみました。

 

 

 

ガワは良くある見ため。ホントーに良くある感じ。ロゴとかもシンプルで悪くない。

 

 

 

ドリップチップは810のワイドボアなPEI製でした。510アダプターも付属しているので言うことないですね。

 

 

 

全バラすと4ピース構成となっていました。シングル・デュアル両対応です。

 

 

 

24Kメッキが眩しい2ポストのデッキ。このローレットが付いた造形が格好良くて気になっていたんですよね。

 

 

 

シングルコイル用ブロック(リデューサー)も付属しています。Oリング付いているのでキッチリと固定可能です。

 

 

 

インンシュレーターはPEEK材。

 

 

 

簡単な締め付けは指でつまんで出来ちゃいます。勿論仕上げはドライバーでの締め付けは必須です。

 

 

 

今回はシングルコイル0.8Ωで組みました。

 

 

 

スリーブ類の脱着も滑らかで良い造りかと。

 

 

 

それではリキッドを補充したボトルを本体に装着していきます。

 

 

 

キュキュキュッとホースをボトルに挿入していきます。

 

 

 

続いてアトマイザーを取り付けます。さすがにキット品ということもありフィッティングはバッチリ!

 

 

 

そしてバッテリーを入れます。極性は本体に彫られているので間違えないように。ちなみにバッテリーの取り外しがとてもやり辛い。とにかくコンパクトで隙間も無く造られているので仕方ないけど。外しやすいようにバンドでも挟んでおいたほうが良いかもです。

 

 

 

カバーを取り付けて使用準備完了。

 

 

 

Druga Squonker を使ってみる

新品のコットンには直接リキッドをふくませたほうが良いですね。継ぎ足しとしてボトムフィードします。

 

 

 

ギュッと押してリキッドをアトマイザーに送ります。

 

 

 

景気良くリキッドが出てくれます。

 

 

 

DRUGA RDAの事は別記事にするので置いておくとして、正式名称 Druga Squonk Modのほうの使用感を書いておく。

 

 

・・・と思ったが書くことが無い。メカニカルだから機能も無いし。MODの動作として特に不満もありませんね。

 

 

 

まとめ

とにかくお買い得。このキットが送料込みで¥4,980。

こう安いと否が応でも満足度が高くなる。

 

確かに質感はどちらかと言えば安っぽく感じなくもない。DRUGA RDAは質感も良いんだけどMODがね。でも18650+α程度の丈しかないコンパクトな造りは悪くない。

最初のメカニカルスコンカーに選ぶのに最適ですね。

 

安価に入手するだけなら、ちょっと名の通っていないメーカーのメカスコを海外から買えば安いです。でもAugvape製かつ国内で手軽に早く入手出来る本品はイチオシです。

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサードリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ