DRUGA RTA by Augvape レビュー

 

オーソドックスなタンクすなぁ。

 

 

DRUGAのタンクアトマイザー版。しかしながらデッキ構造は別物に変えられてしまっている。

 

 

 

── 提供|Augvape ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

DRUGA RTAのパッケージは小さくて良い

 

はい、いい感じのパッケージ。

 

 

 

 

DRUGA RTAのパッケージ背面

 

背面も爽やかにグラデーション。さっそく中身を見ていこう。

 

 

内容物

DRUGA RTAの内容物全て

 

  • DRUGA RTA
  • バブルグラス
  • ポストネジ(スペア)
  • Oリング(スペア)
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティカード

製品詳細

アウトライン

DRUGA RTAの外観

 

スッキリとしたフォルムで好印象。直径24mmに対して全長が39.5mmと抑えめなのでバランスがとても良いですね。

装飾としてもトップキャップの刻みがさりげなく、チャンバーのロゴマークも派手過ぎずスマートです。

 

 

 

 

DRUGA RTAの大口径ドリップチップ

 

ドリップチップは810サイズの大口径12.7mmとなっており、内径最狭部は7.3mmと絞り込まれています。

 

 

 

 

DRUGA RTAのトップキャップ側面の彫り込みは滑り止めへの配慮

 

地味ながら滑り止めとして機能する彫り込み。

 

 

 

 

DRUGA RTAのチャンバーに彫られたロゴマーク

 

お馴染みとなるDRUGAのロゴマーク。

 

 

 

 

DRUGA RTAのエアホールは大きなオーバル形状

 

エアインテーク(吸気口)は2箇所で対面にあります。長いオーバルで吸気量は多い。

 

 

 

 

DRUGA RTAのコンタクトは一般的な形状

 

コンタクト部全長は4.4mm、ポジティブピンの突出は0.6mmとなっています。

 

ディテール

DRUGA RTAを分解した状態

 

主だったパーツ構成としては5つ。

 

 

 

 

DRUGA RTAのチャンバーパーツのフィルポート側

 

トップキャップを外すとフィルポート(リキッド補充口)が現れます。大きさも適度で大抵のノズルは挿さるでしょう。

 

 

 

 

DRUGA RTAのチャンバーパーツ内部

 

チャンバー内部。天井部分はフラットぎみ。

 

 

 

 

DRUGA RTAのデッキを真上から見た画像

 

デッキを真上から。3連のエアホールが挟み込む配置。ジュースホールが狭めだなぁ、という印象。

 

 

 

 

DRUGA RTAのデッキはエアホールの向きが特徴的

 

エアホールは斜め上に向いています。中央で集約されながらコイルに直撃する感じ。

 

 

 

 

DRUGA RTAのポストはシングルコイルの巻方向を問わず組める構造

 

シングルコイル向けで巻方向どちらでもビルド可能。

 

しかしながらDRUGAと言えば特徴的なポスト構造だったはずだ。タンク化するにあたりまったく変えられてしまっている。

 

 

 

シングルコイル向けではなかったし、タンクの狭いチャンバー内に押し込むのが構造的に無理があったのだろう。

なのであればDRUGAという名前とする意味が薄い。

 

 

 

DRUGA RTAのポストはコイルリードが逃げないよう傾斜付けられている

 

コイルリードが逃げづらいよう傾斜が付けられています。ネジの太さもバッチリですね。ビルドしやすそう。

 

 

 

 

DRUGA RTAのバブルガラスチューブ装着

 

ちなみに同梱のバブルガラスチューブを装着するとリキッド保持量が2.4→3.5mLに拡張可能。

 

ビルドしてみる

DRUGA RTAにて簡単にプリメイドコイルでビルド

 

サクッとプリメイドコイル使ってビルド。

とにかく簡単。まったくズレたりせずネジを締め込んでいけるので手早く設置完了。

 

 

 

 

DRUGA RTA コイルの高さはエアホール吹き出しに合わせる

 

コイルの高さはエアホールの吹き出し向きに合わせます。

 

 

 

 

DRUGA RTA ウィッキング

 

サクッとシューレースコットンを通して。

 

 

 

 

DRUGA RTA ジュースホールが狭いのでコットン量は削いで少なめにした

 

ジュースホールに落とす。ジュースホール径が狭めなのであまり通せません。けど問題ありません。

 

吸ってみる

DRUGA RTAにて吸ってみる

 

 

やはり軽めのドローなのでエアホールを絞って吸う。

0.8Ω単線シングルコイルですがあまり濃くはない。もっと低抵抗でもいいかもしれない。

まずもって過不足なく特筆する部分もないですね...。

 

 

 

風味としてはIntake MTL RTAのほうが好みでしたね。う~ん、見ためはこっちも好みなんだけど。

 

まとめ

DRUGA RTAのまとめ

 

 

まずカタチが良いところ。好きです。それだけど使おうって気になる。

次にビルドが非常に簡単なところ。よく見かけるポスト構造ではあるが抜群にやりやすかった。

今回はAWG25の内径3mmですが、まだデッキスペース的に余裕があるので、もう少し大きなコイルで低抵抗を攻めてもいいかもしれない。風味としてはDL(ダイレクト・ラング=直肺吸い)としては標準的なもの。MTL(マウス・トゥ・ラング=タバコ吸い)好きとしては評価しづらい。

リキッド保持量がMTL向けIntake MTL RTAより少ないが、DRUGAは見ためのバランスが良いので仕方ないところかと。

 

しかしながら先にも書いたが、デッキ構造がまったく変えられてしまっているのにDRUGAと呼んでしまうのは違和感がある。

一体どこにアイデンティティがあるのだろうか...。

 

製品仕様

DRUGA RTAの製品仕様

タイプ RTA
大きさ 24x39.5mm
重さ 40g
材質 SUS/Peek
エアフロー トップ吸気ボトム排気
AFC
リキッド保持量 2.4mL/3.5mL
ドリップチップ仕様 810
コンタクト仕様 510
カラーバリエーション 全3色

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ