Minican(ミニカン)by Aspire レビュー|最小クラスのポッドデバイス

 

小さくて軽くてカッワイィ~。

 

 

Aspire(アスパイア)から極小なポッドデバイスMinican(ミニカン)が登場しました。ポッドだかモッドだかわかんないくらい肥大してるデバイスも多くなってきている昨今。まぁそういった路線はソレとして別にいいのですが、タバコの箱より大きいのって嵩張るし持ち運びには向かない。そう、ビジネスシーンとかで言えば胸ポケにでも潜ませておいた小型ポッドで一息、そういったスタイルが本来的ではないでしょうか?Minicanはまさに100円ライターサイズの極小ポッドデバイス。

 

── 提供|ペプログショップ ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Minican(ミニカン)パッケージ

 

中身も小さいのですがパッケージも小さいです。そういや手軽に試せる価格だね。

 

Minican ミニカン【Aspire アスパイア】
created by Rinker
Aspire
¥1,980 2020/7/20 19:52:49

内容物

Minican(ミニカン)内容物

Minican 内容物
本体 Minican
カートリッジ 専用ポッド
付属 USB Cable(Type-A|micro B)
取扱説明書 日本語記載無

製品詳細

アウトライン

Minican(ミニカン)外観:正面
Minican(ミニカン)外観:サイド1
Minican(ミニカン)外観:2
Minican(ミニカン)外観:背面

 

Minican(ミニカン)を手のひらに乗せたところ

 

あらゆる小型ポッドデバイスの中でも最小の部類となる幅28x奥15.5x高65mmというサイズ。そして約25gという軽さ。

私の知る限りこれまで最小の座はminifitのものでしたが、これからはMinicanのものです。

 

Minican minifit
大きさ 幅28x奥15.5x高65mm 幅33x奥22x高70mm
重さ 24.75g 28g

 

質感が良くて、ラバー調というかサラッとした触感。小さいけど安っぽさはありませんね。手触りの良さや見ためは大事ですからね。

 

ディテール

Minican(ミニカン)吸い口のアップ

 

カートリッジ装着状態。吸い口の形状としては、生成されたミスト自体の出口は中央のラウンドだけど、そこから拡がるような開口とされています。どういった意味がある形状なのかはズバリ言って不明だ。

 

 

 

Minican(ミニカン)底面の充電用ポート
Minican(ミニカン)充電中

 

底には充電用のポート。顔に見えるよ。これまたカワイイ。

開封時から満充電されていたので光りませんでしたが、本来であれば充電時はロゴ下にあるLEDインジケーターが点灯します。これは吸引時にも点灯します。ブリージングで上質な光り方。

 

 

 

Minican(ミニカン)カートリッジ分離
Minican(ミニカン)コンタクト部分

 

本体とカートリッジはマグネットによる装着です。カートリッジ内にはメッシュコイル1.2Ωが組まれているとのこと。メッシュコイルはミストが濃くなるので期待ですね。リキッド保持量としては2mLありますから、小型ながらちゃんと確保されています。

 

 

 

 

Minican(ミニカン)フィルポート

 

カートリッジ底にあるシリコンキャップをめくるとリキッド注入用のフィルポートが現れます。

 

操作方法

 

カートリッジにリキッドを補充し(初回補充時は10分待機)吸い口を咥えて吸引。

 

インジケーターの状態 デバイスの状態
白く点灯 使用中
10回点滅 バッテリー残量少

 

 

搭載している「保護機能」とデバイスの動作は以下の通り。

 

吸引時間保護(8秒) インジケーター2回点滅
短絡保護 2秒間点灯
低電圧保護 10回点滅
過充電保護 充電停止
過熱保護 出力停止

 

 

吸ってみる

Minican(ミニカン)吸ってみる

 

 

う~~ん...濃いミストではないですね。そしてミストが熱いですなぁ。

香りはたっぷり出てるし、初期ポッドデバイスのような無味ってほどに薄くはありません。

しかしながら小型でも風味を堪能出来る製品もチラホラ出てきているなか、ちょっと物足らない感はありますね。

この極小ボディである事とのトレードオフと理解しておかないと不満が出そうです。

ドローはタバコを吸うくらいの抵抗感です。一般的な重さかな。

 

まとめ

Minican(ミニカン)まとめ

 

この小ささは堪らないんですけどね!正直言ってトータルでどうだろ?繰り返しになるけど、このサイズだからこのくらいの風味でもしようがないと割り切れるなら良いと思います。決して期待を超える、このサイズからこんな風味がっ!!...って風味生成ではないと思います。

 

  • 最小クラス(ココに尽きる)
  • 質感は良い感じ
  • 十分なリキッド保持量
  • 十分なバッテリー容量
  • 風味はサイズなり

 

Minican(ミニカン)小さいは正義

 

本気で風味を楽しむ構成だと気軽に持ち運ぶってわけにもいかないからね。ちなみに画像の左は12倍以上重いです。

こういった小型も存在価値アリです。気になったならお安いのでお試し的にどうぞ。

 

Minican の仕様

Minican(ミニカン)製品仕様

タイプ ポッド
大きさ 28x15.5x65mm
重さ 24.75g
材質 不明
エアフロー ボトム
バッテリー 内蔵350mAh
リキッド保持量 2mL
ドリップチップ カートリッジ一体型
対応コイル 専用カートリッジ
カラーバリエーション 全5色
製造国 中国

ご購入はこちら

Minican ミニカン【Aspire アスパイア】
created by Rinker
Aspire
¥1,980 2020/7/20 19:52:49
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ