極小レギュレーテッドのニューバージョン。

 

 

今回レビューする「Nugget X Kit」は極小レギュレーテッドです。同シリーズはこれまで初代「Nugget」、バッテリー容量も筐体も拡大した「Nugget V2」が存在しています。そして今回の「Nugget X」は更にバッテリー容量を実用域まで増加させたモデルとして登場しています。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:BuyBestfa-external-link

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

それでは「Nugget X Kit」開けていきまーーす。

 

 

内容物一覧

 

Nugget X Kit 内容物一覧
・Nugget X Mod
・AT22 Tank
・コイルヘッド(AL1B-1:0.3Ω)x2
・Oリング各種(スペア)
・ガラスチューブ(スペア)
・取扱説明書(本体 / アトマイザー)

 

 

取扱説明書に日本語記載はございません。多少はレギュレーテッドの操作方法を知っている人向けやね。

 

 

 

 

製品仕様

Nugget X Mod
・大きさ:36.6 x 23 x 97mm
・重さ:83g
・バッテリー容量:2000mAh
・出力範囲:5-50W
・出電圧範囲:0.5-8V
・抵抗値範囲:0.1Ω-3.0Ω
・保護機能:過充電保護 / オーバーヒート保護 / 8秒カットオフ / 短絡保護

バッテリー容量は初代1,000mAhV21,500mAh。そして本製品は実用上も頼もしい2,000mAhと増加しています。

 

 

 

 

AT22 Tank
・径:22mm
・高さ:39mm
・重さ:43g
・リキッド保持量:2ml
・エアフロー:ボトム
・対応コイルヘッド:AL1B-1

キットなのでアトマイザーも付属。本体が極小なのでこのクリアロマイザーも22mm径と特別大きくありません。

 

 

 

 

製品詳細

 

これまでの「Nugget」同様に片面に大きくロゴが入っています。

 

 

 

 

 

筐体にしては大きくて視認性の良いスクリーン。

 

本機はバッテリー内蔵型なので当然充電が必要です。充電用のUSBポートはロゴとは反対面に。底には万が一の為のベントが空けられています。

 

 

 

 

 

筐体が小さいのでボタンもそれなりに小さくはありますが、突出量もほどよく押しやすいと言えますね。まったく問題無し。

 

 

 

 

 

アトマイザー「AT22 Tank」は22mm径のクリアロマイザー。

トップキャップを外せばフィルポートがありますのでトップフィルすることが可能です。

 

 

 

 

 

使用するのは抵抗値かなり低めの0.3Ωなコイルヘッドとなっています。

 

 

 

 

 

エアーの取り込みは開放量の調整可能な下部リング部に2箇所。

 

 

 

 

操作方法説明

■電源On:パフボタンを5回プッシュ
■モード変更:パフボタンを3回プッシュ
■ハードウェアロック/アンロック:電源On時にパフボタンを5回プッシュ

 

 

Work Mode Setting(モード変更)

 

 

メイン画面でパフボタンを3回プッシュするとモード変更画面に変わります。

TC(温度制御)を搭載。他には電圧での出力変更や、バイパスモードまであります。ちなみに電源Offはここのメニュー『POWER OFF』を選んで行います。

 

 

 

 

 

基本となるパワーモードには、いわゆるカーブモード機能を使用する事も出来ます。3つまでメモリーしておく事が可能で、使用するアトマイザー毎に保存しておいてもいいでしょう。

左から右に0.1秒刻みでパフボタンを押してから2秒までの出力を調整可能です。要するに20セクションの調整が可能。

 

調整方法は、パフボタンを押す毎に0.1秒刻みで調整対象が移動するのでサブボタンを押して出力を調整します。

✕1.0で現在の出力そのまま。例えばカレントパワーを20Wにしていた場合、✕1.5Mと設定するとそのセクションは30Wでの出力となります。多分そんな感じの動作。

設定が終了したらパフボタンを長押しでメインメニューに戻ります。これで設定完了。

これが秀逸。一般的なワッテージ決め打ちタイプだと、大きく異なる抵抗値のアトマイザーを使用する度にカーブモードの再設定が必要でしたが、本機はメインのワッテージのみ調整すれば事足りるというわけです。

 

 

 

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

fa-chevron-circle-right

 

エアフロー全開時はスッカスカすぎ。かなり絞らないと重くならないフローですね。いづれにせよ抵抗値も低めなだけに風味は出るほうです。

 

やはりバッテリー容量の増加は顕著です。このような低抵抗なコイルを用いてもタンク1杯分で先にバッテリーが底をつく事もありません。

 

 

 

 

評価・まとめ

評価:Nugget X Kit|8/10

 

まとまりの良い造り。極小ながら実用性のある性能のレギュレーテッドです。UIも含めとても操作性が良い感じ。機能も必要十分。

 

付属のアトマイザーは性能に不足が無いものの、替えコイルヘッドの入手性に不安があるかな。それに抵抗値も低めですし。

なので好みのアトマイザーを用いたほうが良いでしょうね。抵抗値0.8Ωくらいで使用すれば更にバッテリー保ちも期待出来ますから。

 

 

 

 

完全に手の平サイズ。これに小さめのタンクでも乗っけていけば外出先でも存分に性能を発揮してくれるでしょう。

 

 

Shu
最後に一言。

 

 

このサイズでバッテリー容量や機能に文句の付けようがない良機種は現状本機だけ。サブ機として完璧。

 

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ