極小Modは新しいボディを手に入れた。

 

ロシアAmerPoint製の極小Modである「Colibri」シリーズに初となるボックスタイプが追加されました。

18350バッテリーを使用するボックスModでは最小の部類でしょう。

 

いつもはパッケージから見ていきますが、いつもながらColibriは(おそらく)ショップの付けてくれる巾着以外になにも無いので割愛します。

早速仕様から見ていきましょう。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

Colibri Mini Boxの外観

 

  • サイズ25x31.5x55.5mm
  • 重さ54.3g
  • 材質SS / アクリル
  • 使用バッテリー18350
  • 基板過放電保護

 

あとで小型Modとサイズを比べますが、ボックスModとしては最小の部類です。

メカニカルModではありますが、従来のColibri同様の基板を搭載しているようです。バッテリー劣化ゾーン手前で通電カットしてくれる仕様も同じです。

 

外観としては「Colibri Stone」同様にアクリルを基調としたものです。

現状は黒系と青系の2色展開ですが、混ぜものなので模様は個体毎に異なります。とはいえ使用しているアクリルは色や形が大きく違いのないものを混ぜているので、柄もそこまで異なることもなく、大体似た感じに仕上がっていると思われます。

 

 

製品詳細

Colibri Mini Boxの外観

 

正面はヘアライン仕上げでベターとした印象。

極小サイズだから内部にもスペースもキツキツだろうし、従来と同じ基板を使用していることからも難しいのだろうけど、せめて通電状態がわかるようにLEDが1箇所くらいあってもよかったかと思う。

 

 

 

Colibri Mini Boxの外観

 

まぁ、あえて過放電保護しか搭載していないメカニカルなわけで、無駄ともいえる要素の無さが良いわけですけどね。

機能増えると故障率上がるっていう、高級車ほど故障する理論的な...そんな感じ。

 

 

 

Colibri Mini Boxのコンタクト部

 

アトマイザーがオーバーハングせずにピッタリフィットするのは22mm径です。

ベースからハミ出しても筐体からハミ出なけりゃいいんじゃ!っていうなら25mmまでOK。

 

基板搭載位置が変更になった為、これまでのチューブ「Colibri」のペラい板状接点から、しっかりとしたコンタクトピンに変更されています。

 

 

 

Colibri Mini Boxの外観

 

パフボタンは正面プレート下部辺りになります。その辺りが押せばカチカチと手応えがあります。

 

従来のColibriのようなボタンが正面上辺りにあったほうが見た目のバランスは良かったんじゃないかな。下の方だから押しにくいとかはありませんけど。

 

 

 

Colibri Mini Boxのバッテリー蓋

 

バッテリーの蓋は「Colibri 5」以降と同じアジャスト可能な構造です。

 

 

 

Colibri Mini Boxのバッテリー蓋

 

大きく異なるのは挿入するバッテリーの向き。

従来とは逆でアトマイザー側に正極がくるようにセットするようになりました。

 

 

 

Colibri Mini Boxのバッテリーハウジング

 

回しすぎると内部に蓋が落ちていかないか不安。試す勇気もない。

 

 

 

 

Colibri Mini Boxのバッテリーハウジング

 

内部。

アトマイザーとのコンタクトからパフボタン側に伸びるケーブルが見えます。

 

 

サイズ比較

Colibri Mini Boxのサイズ感

 

大きさとしては「Mini Volt」とほぼほぼ同じ。

 

以前からMini Voltサイズで18350脱着可能なModが欲しいと思っていましたが、遂に登場したわけです。レギュレーテッドではないけどね...

 

名称 Colibri Mini Box Mini Volt Mr.Q
幅(mm) 25 22 22
奥行き(mm) 31.5 35 33.5
高さ(mm) 55.5 56 62
重さ(g) 54.3 99 75

 

チューブ型なら「Colibri」より小さいのもあるかもしれないけど、ボックス型だとほぼ最小の部類じゃないでしょうか。

 

 

アトマイザーを乗せてみる

Colibri Mini Boxにアトマイザーを乗せる

Bambino RDA」✕「Colibri Mini Box」

 

 

Colibri Mini Boxにアトマイザーを乗せる

 

極小コンビでお似合いです。

 

 

Colibri Mini Boxにアトマイザーを乗せる

Gabriel RDA」✕「Colibri Mini Box」

 

 

Colibri Mini Boxにアトマイザーを乗せる

 

22mm径で丈の短いものなら似合いそうですね。

 

 

使用バッテリー

Colibri Mini Boxと18350バッテリー

 

KeepPowerの新しい1,200mAhは18350としては大容量バッテリーで「Colibri Mini Box」で使うには最高です。

でも抵抗値は低くても0.8Ωまでにしておきましょう。

 

 

 

Colibri Mini Boxの底部分

 

正極を奥で挿入。まったく問題なく蓋も閉じれます。

 

 

まとめ

Colibri Mini BoxとColibri Stone

 

という事で「Colibri Stone」に引き続きアクリルを用いたボディが小洒落た極小Modです。

 

樽型の「Colibri Stone」と比べて、乗せるアトマイザーとのビジュアル的マッチングは緩いでしょう。言ってしまえば普通のボックスMod同様に合わせやすい。

 

 

Colibri Mini Box

 

Colibriシリーズ初のボックスModです。それだけで素晴らしい!パチパチ。

 

だけど・・・ネガな点も書いておきます。

 

  • 18350バッテリーなので抵抗値も高めでしか使用出来ない
  • これまでと異なり基板の交換も出来ない(そもそもボックスModなんて基板交換出来ないのが普通ですけど)
  • ボックス化するなら(先に書いた通電LEDや電源スイッチ機構などの)付加要素があっても良かった
  • ハチドリが居ない

 

 

Colibri Mini Box

 

でもシンプルだからこその魅力。

 

これまでのチューブ型のColibriも素敵ですが、ボックス最小サイズでバッテリー非内蔵タイプの「Colibri Mini Box」は良き相棒になってくれそう。

 

 

▼未読ならついでに読んでね▼

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ