Aegis Boost RBA Pod|イージスブースト用リビルダブルポッド

 

そこらのポッド向けRBAユニットとは違うんだな。

 

 

とても使いやすいポッドデバイスAegis Boost(レビューはこちら)ですが、やっぱ使い続けるとランニングコストが気になってくるよねぇ。

カートリッジごとじゃなくてコイルヘッドだけ交換してけばいいタイプではあるけども、長い目で見るとどうしてもコストが嵩む。そうなったらせっかく謹製RBAユニットが出てるんだから使わない手はない!

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Aegis Boost RBA Pod パッケージ

 

というわけでGeek Vape純正のリビルダブルユニットです。リキッド保持量は2mLとめべりしているようですね(もとのカートリッジは3.7mL)

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 中身のカートリッジ

 

通常のカートリッジにドカッとキャップが乗っかってるタイプです。ちゃんとSUS製のトップキャップなんです。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 取り出した中身

 

中身を取り出しました。これで全部ですね。プリメイドコイルとかコットンまで付属してるから別途用意しなくてもいいね。

 

内容物

Aegis Boost RBA Pod 内容物

■ 内容物
  • 1x Aegis Boost RBA Pod
  • 2x ドリップチップ
  • 2x ポストネジ
  • 2x スプリング
  • 4x プリメイドコイル
  • 2x コットン
  • 1x ドライバー

製品詳細

Aegis Boost RBA Pod カートリッジ

 

純正と同じ形状のカートリッジにRDAっぽいトップキャップが埋まっているという外観です。

なかなか思い切ったルックスではありますが、中身のほうも他とは一線を画しているんですな。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod エアフローコントロール

 

もとのカートリッジ同様に優れたエアフローコントロールはそのまま設けられています。これが良いんですよねぇ。チョチョイと回して調整出来ちゃいますから。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod カートリッジ底面

 

底は本体との接点が固定式となっています。通常カートリッジはコイルヘッドが直に接していましたが、当然ながら変更されています。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod ドリップチップは2種類

 

ドリップチップは510接続で、2種類同梱されています。径の大きいほうはDL(ダイレクト・ラング=直肺吸い)向けで外径12.5mm内径8.4mm、小径のほうが(マウス・トゥ・ラング=タバコ吸い)外径10mm内径4.9mmという寸法です。接続部長は共に5.5mmとなっています。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod スレッドにて装着するトップキャップ

 

トップキャップを取り外すには回転です。意外にもスレッド(ネジ切り)となっています。

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod トップキャップ内部はドーム型

 

トップキャップ内部はなだらかなドーム型となっていました。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 真上から見たデッキ

 

デッキを見ていきましょう。中央のエアホールが個性的。

ポッドデバイスのデッキとしては最大じゃないでしょうかね。もう、普通のドリッパー感覚でビルド出来るサイジングとなっています。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 俯瞰から見たデッキ

 

ジュースホールが垂直に深く空いているので、スタイル的にはRDTAという事になるでしょうか。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod ポストはクランププレート方式

 

ポストはどこかで見たような...。既発の自社アトマイザーからの流用ならわかるのですが、これって他社から持ってきている感じがしますね。

まぁ、そこはいいか。プレートで挟み込む構造で、スプリングが組み込まれているからネジを緩めると自動で開くのが便利。

 

ビルドしてみる

Aegis Boost RBA Pod ビルドしていく

 

ビルドしていきます。

Aegis Boost自体の性能が高いですし、デッキのサイズから言っても自由度はあります。意識しなければならないのは内蔵バッテリー容量が1,500mAhというところでしょうかね。主流の18650バッテリーが2,500mAhくらいだとすると随分少ないですし、充電しなければならない事を考えるとそこそこ高い抵抗値での運用となりそうです。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 同梱プリメイドコイル

 

とか色々考えてたけど、せっかくプリメイドコイルが同梱されてるし使ってしまいます。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod フューズドクラプトンコイル

 

Ni80のフューズドクラプトンのほうを使う。結構両ポストとのクリアランス無い感じ。内径3mmくらいが限界っぽいね。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod ビルドは簡単

 

Aegis Boost RBA Pod しっかりとネジを締める

 

かなり組みやすいと思います。プレートタイプはしっかりとネジを締めこまないとね。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 本体でドライバーン可能

 

一旦通電させておきます。やはりAegis Boostなら抵抗値の確認も出来ますし保護機能も搭載している事からリビルダブル運用がとてもスムーズに行えます。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod RDTA構造なのでコットンホールが深い

 

RDTA構造なのでコットンは長めにカットしてホール深くに沈めるようにしました。ちょっとコットンホール径が狭いかなって気はします。あまり低抵抗だと供給バランス的にアンマッチになりそうな気がしますね。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod カートリッジ直接のフィルポート有り

 

カートリッジのタンクへの補充はこちらから。このシリコンカバーが千切れない事を祈るばかりである。というのも破損リスクを考えると最もヤワイ部分がココだと思うのでです。

 

吸ってみる

Aegis Boost RBA Pod 吸ってみる

Ni80のフューズドクラプトン0.6Ω


 

もう、ポッドというか普通にドリッパーですねぇ。

強烈過ぎる濃厚さで、ちょっと金属臭はありますがとにかくガッツリと濃い。しかしながらリキッド保持量との兼ね合いからも、もう少し高めの抵抗値でいいんじゃないかなぁ。それとコットンホールの径がそこそこ小さめだから、必然削いでおく必要があるわけだけど、ドライになりやすいってのもある。

 

まとめ

Aegis Boost RBA Pod まとめ

 

Aegis Boostを所有してるなら必携とも言えるRBAキットだと思います。

他のポッドMOD機でもサードパーティー製が沢山出てるからリビルダブルは可能ですが、例えばVINCIやRPMでは筐体サイズの兼ね合いからデッキがとても小さくてビルド自由度が無いんですよね。それらとの比較で言えばとても優れたデッキで、もう普通のRDAで組んでいる感覚です。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod 単線ビルド

 

ちょっとドライ気味だったのと金属臭が気になったので小さいほうのプリメイドコイルでも組んだり、他にもいくつかビルドを試してみました。

結局はベタな単線0.9Ωで落ち着きました。ちょっとコイル内径とコットンホールのバランスからウィック径が難しいところだけど、なんとか落ち着いて吸えるようになったかな。

 

 

 

 

Aegis Boost RBA Pod ミスト

 

純正コイルヘッドの性能も高いのですが、さらに上回る風味生成が可能でむしろ逆に風味を抑えたりもビルド次第で可能です。

なにより各段に低コストな運用が可能になりますよ。

 

ご購入はこちら

created by Rinker
Geek Vape
¥1,480 (2020/08/14 07:49:26時点 Amazon調べ-詳細)
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ