24mm径のクランプポストな爆煙ドリッパー。

 

これまでも 528 Custom Vapes の Goon RDA はいくつかレビューしています。

しかし気付けばもうメーカーとしては終わっていましたね。既存ドリッパーも公式が既に半値以下で叩き売りしています。いや、まだやる気なら失礼。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

Goon V1.5 RDA パッケージ(巾着)

 

いつも通り巾着に入っています。

 

 

 

Goon V1.5 RDA パッケージ(巾着)

 

それでは「Goon V1.5 RDA」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

Goon V1.5 RDA 内容物

 

  • Goon V1.5 RDA
  • BFピン
  • スペアネジx4 / Oリングx4
  • 工具六角レンチ

 

BFピンが付属していました。意外だったな。

 

 

製品仕様

Goon V1.5 RDA 仕様

  • 大きさΦ24x36mm(DTからコンタクト先端まで)
  • 重さ43g
  • 材質SS / 他
  • エアフローサイド
  • コイルデュアル / シングル

 

 

製品詳細

Goon V1.5 RDA 外観

 

そう、「Goon RDA」といえばワイドボアなドリップチップ。

過去にレビューしたものはSS(無塗装)やレインボーカラーだったので、今回はブラックを選択してみました。マットブラックで悪くない表面質感。

 

 

 

Goon V1.5 RDA 分解

 

バラしてみると4ピース構成。

 

Goon V1.5 RDA ドリップチップ

 

ドリップチップはGoonタイプなんてワードがあるくらい、ソレまでになかったワイドな口径のもの。以後は当たり前に、定番となってしまったくらい各メーカーが採用しています。

 

 

 

Goon V1.5 RDA トップキャップ

 

この810接続を普及させたのはこの子?元祖なのかは知らないけど。

まぁ爆煙向けですよねー。濃く高密度な風味が好きな私は見た目以外には積極的に使いたいものではありませんね。

そういやOリングが最初から劣化しまくりだった。

 

 

 

Goon V1.5 RDA トップキャップ

 

トップキャップ内部は少しドーム状になっているんですね。

シングルコイルでも使えるように3箇所のエアホールが空けてあります。

 

 

 

Goon V1.5 RDA トップキャップ

 

ドリップチップ装着状態で内部から見るとこのような感じ。

しかし至るところのOリングがボロボロになってる。

 

 

Goon V1.5 RDA デッキ

 

デッキは当然ながらクランプ構造となっています。先代と比べクランプ部ポストが少し形状変更しています。角ばっているのがR付いてたり。ポスト間隔も少し狭くなっているかな。

ネジ頭がプラスでもマイナスでもイケるヤツに変更されています。

 

 

 

Goon V1.5 RDA デッキ

 

1番違ったのはポストの高さが増していたんですよね。まぁ1mm違うかどうかってくらいだけど。コイルを挟む位置が少しだけ上になっています。

 

 

Goon V1.5 RDA デッキ

 

デッキ底にはロゴとかが彫られてます。画像では見えないけどBF時のリキッド吐出口は特になにもなっていないただセンターにあるだけって感じなので、どうでもいいでしょう。

 

 

 

Goon V1.5 RDA デッキ底

 

底はポスト脱着用のネジがありますね。完全にバラして洗浄も可能です。

Goon V1.5 RDA コンタクトピン

 

コンタクトピンの出代は充分にあります。調整は不可ですが、しなくても短いって事はないのでしなくてもいいでしょう。長すぎて困る場合はジエンドです。

 

 

ビルドしてみる

Goon V1.5 RDA ビルド

 

いつもは単線で組んでいますが、さすがにこのデッキでそれはないだろうって事でゴツメのヤツ。

 

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

無論このようなワイヤー程度は余裕で咥え込みます。

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

まだまだ太くてもまったく問題ないくらいクランプポストはキャパがデカイ。

 

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

片側に2箇所のネジで留める構造なのでデュアルコイルでも組みやすいでしょうね。

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

内径3mmのクラプトンコイルを使っていますが、デッキスペース的にはもう1巻はいけそう。

ただコットンのスペースがキツイかな。画像で見てるよりかなり狭い。

 

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

ドライバーンしまして。

 

 

 

Goon V1.5 RDA ビルド

 

あまり多いコットンは収まりませんね。まぁコイルの高さとか色々調整の余地はありますけど。

 

 

 

吸ってみる

Goon V1.5 RDA 吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の感想として捉えて下さいね。

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

▶エアホール全開にて!(片側のみ使用)

もう書くのもどうかと思うけど、とにかくドローが軽いし風味もかなり薄めだね。まぁシングルコイルってのもあるだろうけど。

 

 

▶エアフロー半開で!(片側のみ使用)

この時点で気づきましたが、シングルコイルで片側のエアホールのみ使用している場合、半開までしか絞れない形状なのですね。

という事でドローは相変わらず軽いですねー。ぜんっぜん軽い。

味のほうは少し濃くなりはしますが、大味で解像感も低いし、これはあまり美味しくないなぁ。

 

ま、こんなの想定内。

 

 

まとめ

Goon V1.5 RDA/10

 

  • 質感|良 ●ーー●ー●ー● 
  • ビルド| ●ーー●ー●ー● 
  • 風味の濃さ| ●ー●ーー●ー● 
  • 解像感| ●ー●ーー●ー● 
  • ドローレンジ|軽 ー●ー● 
  • 漏れ耐性|良 ●ーー● 

 

クランプで組みやすい爆煙ドリッパー

なにせデッキはブリッジクランプで組みやすいってのが大きい。

味よりミスト量。それとロゴ含め見た目の良さってのがアリな部分かなぁ。

 

味わって楽しみたい私には向いていない。Goonいくつ目だよ?わかってるなら買うなよって。まぁ安かったしついで買いでした。

まぁBFピンついてるし使いみちはある・・・かな。

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ