2016年もあっという間に過ぎていきました。
最後にVAPE私的ベスト10でも記事にして新年を迎えたいと思います。
2016年は私にとって実質のVAPEスタートのような年でした。
始めた当初はここまでハマるなんて想像もしてなかった。
ましてやブログを始めるなんてね...

 

読みたい方だけ読んで下さい

 

管理人のVAPEに関しての戯言

 

そんな訳で(どんな訳?)VAPEが趣味になっちゃったんですよ。
それもVAPE初めてソッコーにね。

 

喫煙具でも禁煙具でもなく、趣味。

 

個人的にVAPEってオーディオみたいな存在なんですよ。
色々何かに例えたりする事ってあるけど、自動車や機械式時計とか、人によって例えは違うよね。
共通してるのは、本来の機能とは別に価値を見出すところ。

 

私は凄くオーディオとの類似性を感じています。

 

そもそもハイエンドなんてワードはオーディオ発祥なんじゃないですかね。
(その後、ファッションの世界に使われだしたという印象)
オーディオのハイエンドはVAPEとソレとは比較にならない高額な世界ですけど。
ケーブル1mで10万超えとか、接地したりマイ電柱建てたり、オーディオルーム構築で〇千万円とか...
アイソレーション通して電流を綺麗にしたり、インシュレーターの材質に拘ってみたり、磁力で浮かせてみたり...
エージングに専用音源買ってみたり...
私には縁の無い世界です(笑

 

金額的な事は置いといて、本来オーディオってのは音楽を聴くツールに過ぎないはずなんです。
音楽を楽しむならラジカセやミニコンポ、それこそ安価に環境は揃うのですが、出来る限り(自分にとって)良い音で聴く、その環境を構築する事に目的にすり替わっていくわけですよね。

 

VAPEも似ていませんか?

 

MODなんていくつも必要ないんじゃないでしょうか?
アトマイザーだって、新作に目を光らせなくても既にそれなりに使えるの持ってますよね?

 

それでも止まらぬ物欲や探求心。
これが趣味と言わずに何というのか。

 

当初はソース(音源・リキッド)を味わいたいというのが目的だったはずなのですが...

 

オーディオのアンプはVAPEのMOD。
スピーカーはVAPEのアトマイザー。
音源(CDやロスレス)はVAPEのリキッドに相当。勿論、リキッドみたいに音源は消費して無くならないけど。

 

音質(リキッドの味)を良くするためにスピーカー(アトマイザー)を更新する。
スピーカー(アトマイザー)の性能を引き出すためにアンプ(MOD)を更新する。
アンプ(MOD)の性能を発揮するために良い電流(電池)を確保する。

 

もうね、機器を揃えたり組み合わせたり、それが楽しくて仕方がない。
一旦満足しても、すぐに次はココをこうしてみよう、そうすればこうなるんじゃ?なんてキリがない。

 

そんな感じ。
カメラの世界も似てる。
写真撮るだけなら極論、写ルンですでも足りるわけです。
でもフルサイズ買って、高額なレンズをいくつも所有する。

 

より自分の好みを満たすために拘り投資する。
そういった幅というか受皿がこれまでのVAPEにはありました。
(あくまでも私の体感的にですけど)

 

ただし、

 

この先VAPEにどのような変革、トレンドが発生するのかは不透明ですね。
最近MODにタッチパネルを搭載したものが増えてきました。
そこまでは利便性が上がるので理解出来ますが、MP3を再生出来たり、ゲームが遊べたりってのは無駄機能だと思います。
悪い兆候かと。

 

オーディオもカメラも、結局は本来の機能を研ぎ澄ましたものがハイエンドとなっていて、余計な機能も少なかったりしますね。

 

モノ造りの代表である自動車は、セダンやSUVといったカテゴリーの高価格帯では多機能になる事が多く、安全機能や快適装備が増えますね。これは必要な進化の一つ。
一方、スポーツ系車両は高価格になるとエンジン・ミッション・足回りの高性能化、ハイテク素材での軽量化を行い、より速く走り曲がり止まるという要素を追及しているのです。こちらの方が純粋な進化だとは思いますね。

 

機械式時計も、トゥールビヨンやムーンフェイズ、ミニッツリピーターやパーペチュアルカレンダー等の複雑機構を複数乗っけると急に高額になります。
そりゃ極小スペースに詰め込むR&Dにお金も掛かりますし。でも必須機構では無いよね。
こういった特殊機構が発明される事で進化してきた背景はあるでしょうが、現在となっては時を確認するうえで必須ではないのです。
一方、機能は最低限にし、宝石をあしらったものやケースが金無垢だったりで高額になっているものもあります。
VAPE界のハイエンド、スタビライズウッドのMODはモロに後者ですね。それはそれで付加価値の一つだとは思いますけどね。
コットンでいいところをレザーのブルゾンを選ぶみたいなある種の拘りかな。

 

要は余計な機能を添加したり、ガワのバリエーションだけ増やしている段階は、進化が停滞している状態だと思うのです。
VAPEも現状をブレイクスルーする何かがないと次の段階に進みそうにありません。
機械式時計のような、機構自体に魅力的価値を持つ類のプロダクトでは無いので進化が必要でしょう。
セダンのような安全で快適な機能性向上か、スポーツカーのように基本性能を研ぎ澄ますのか、エコカーのようにランニングコストを下げるのか...

 

そろそろ戯言は終わりにしよう。。まとまりもないしキリもない。
それではごちゃ混ぜでまったく脈絡のない2016年VAPE私的ベスト10を書いてみようかな。
では10位から。

 

スポンサードリンク

2016年VAPE私的ベスト10

10. ニコチンリキッド

nic02
VAPEを始めて趣味としては非常にハマってしまったけど、当初の節煙といった意味では限界がすぐに来ました。
喫煙のような動作はしていても、ジュース飲んでいるのと変わらないというかね。
結局言えるのは、やはりニコチンって恐ろしい。
ニコチンを完全に排除するのは日々生活していくうえで困難なのは明白で、いつかはニコチン入りリキッドに到達したのでしょう。
ストレスって言ってしまえば簡単ですが、それだけがニコチン摂取している理由ではないでしょう。
簡単な決別はあり得ないので、うまく付き合っていかないとね。

 

 

9. NICOTICKET廃業

spiral__84442
VAPECHKのブログにありますようにワコンダも吸えなくなるかもしれません。
ホントどこかが引き継いでくれたらいいんですけどね。
今現在は数多くメーカーから美味しいリキッドが登場していますが、それでも吸えなくなると思うと寂しいものですねぇ。。

 

 

8. 海外通販

VAPEを始めてから海外通販を頻繁に行うようになりましたね。
それまでも国内の通販はそれこそ毎週のように利用していましたが、やはり海外からの購入はリスクや制約もあり、利用してきませんでした。
現在もVAPE関連しかほぼしていませんけど。
Paypalによる後ろ盾があるので一定の安心感もあって利用頻度が加速しますね。
海外のサイトも覗くようになると視野が広がった感があります。
浪費が加速したってのと内需に反してるってのもあるので、2017年は“ほどほど”にいこうかと。

 

 

7. Colibri(コリブリ)

メカニカルなのにチップによる短絡感知付きで安心感がありますし、国内の取り扱い店舗が少ないとこも散見され過ぎずいい。
当ブログのレビュー記事はこちら
なにせ所有欲が満たされました。
可愛くてお洒落♪

 

 

6. DNA基板

まだまだ使いこなせない...というより、じっくり向き合う暇が取れない。
ただし多くの人が言うように、温度管理ってそんなに使うかな?
そんな元も子もない疑問も出てきちゃいました。
なんだかんだでカンタル巻いて好みのワッテージにチャチャっと調整して吸ってないですかね?
まだまだ温度管理は趣味性が高い機能に過ぎないように感じます。
ただ単にミストを吸う分には必須では無いかなと...「Minikin2」のカーブモードの方がよっぽど利便性高いと思う。
まぁ、そんな事いったら、チマチマとコイル作ったりって行為自体が普通の人から見れば理解されにくいですよね。
せっかく買ったし時間作って温度管理試していこうっと。

 

 

5. YURI RDA

そんなにドリッパーを使っているわけでは無いので偉そうな事は言えないのですが、この価格でこの味!っていう驚きがありましたね。
当ブログのレビュー記事はこちら
まぁ未だに10K超えのアトマイザー買っていないし、この先も買うことはないんじゃないかな。
アトマイザーっていうものの構造からいって価格差ってどこで出るんですかね?
材質や加工難度とか、工程数、生産数量、流通、広告費、などなど色々あるんでしょうけど、結局使用者にとっては出てくる味が全てかなって思ってます。
高額=味が良い、だといいんですが、
安価=味が良いだと尚良いんです。

 

 

4. Chewy Cloudz | Red Wedge

せっかくのランキングなのでリキッドも1本位は入れておこうかなと。
当ブログのレビュー記事はこちら
私は本来スウィーツ系リキッドが好きなのですが、このフルーツ系リキッド「Red Wedge」はドンピシャな好みなのです。
ジューシーという言葉はこのリキッドのためにあるのでは?(いや吸ったことのないリキッドでいくらでもあるのだろうけど)
2016年の夏は楽しませて頂きました。

 

 

それではベスト3

 

 

3. MINIVOLT

minivolt
何故か初めて買ったMODです。
これを買っていなければペン型スターターを続けていたかもしれません。
MODに手を出すべきか止めておくべきか、何日も葛藤していた覚えがあります。
当時はMODみたいなゴツイの持って歩くの?っていう考えがあり、「MINIVOLT」が出た時「ヤバい、これは欲しい...」って思わされたんですよね。
今でも休日の持ち歩きのお供に連れだしています。
そういや「MEGAVOLT」っていつ出るのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

2. TOPTANK Mini

toptankmini
なんだかんだで会社に持っていくのは「TOPTANK Mini」になっています(画像はチューブ変更してあります)
レビューはするまでも無いというか、当ブログのスタートが2016年10月なので、既に発売から時間を経ていたので今更ですし。
同じタンクという括りなら「Goblin mini」とかもありますが、「TOPTANK Mini」の安定感には勝てないですね。
味の出方は「Goblin mini」の方がいいのですが、ビルドの簡単さ、漏れにくさ、リキッド保持量、交換パーツの入手性の良さ、日常ユースでの性能は最強クラスだと思います。
後継?上位機種?の「Protank4」も気になってます。
でも「Serpent Alto」出ちゃったからなぁ。ほんといいですよAlto。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. iStick PICO

istickpico
少なくとも国内では今年最も台数売れた機種でしょう。
本当に使いやすいです。
より携帯性は良いけど「MINIVOLT」は電池が一日持たないですし、18650電池を利用可能で極力小さな筐体に造った点でEleafの大勝利ですね。
家では大きなMODを使用して、外に持っていくのは「iStick PICO」ってのが定番化しました。

 

というわけで、私的ベスト10でした。
こんな主観満開でつたない伝達力しかない私のブログを見て下さり、誠にありがとうございました。
2017年もマイナーなネタで貴方をお待ちしております。

 

 

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメント一覧
  1. nufan_hiro より:

    昨年はTwitterから、本当に短い期間ですがお世話になりましたw
    ブログも少しずつ読ませいただいてますが、文章も分かりやすく、色々参考になります^^
    今年もよろしくお願いいたします!
    更新楽しみにしてますね( ゚∀゚)ノ

    • Shu より:

      コメントありがとうございます!
      嬉しいお言葉頂いて泣きそうですっ
      Twitterでレスポンス頂けて、ブログをやってて良かったと思えました。
      初のブログなので試行錯誤しながら今年も書いていきます^^
      今後ともよろしくお願いします!

  2. nufan_hiro より:

    周りにvaperいないので、ネットで色々なブログ見てますけど、Shuさんの文章は本当に分かりやすいなと思いました^^
    ガンガンリツイートしても良いですか?w
    あ、Gooseのチョコ味はトライしてみようと思います!

    • Shu より:

      私の周りもほぼいないんです>< 勧めても気づいたらやめちゃってる人が多くて... hiroさんありがとう^^ リツイートしまくってやって下さいw Gooseのチョコはほんとーに人を選ぶ味だと思うので気を付けて!

コメントを残す

CAPTCHA


Column, ブログ関連の関連記事
  • HiLIQ送料無料キャンペーン
  • 2016年11月12日の雑記
  • 2017年3月12日の雑記
  • 私のVAPE年表 #1

TwitterでShuをフォローしよう

  • Clearomizer
  • Starter Kit
  • USA[A-M]
  • Technical
  • RTA
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • Technical
  • RTA
  • Mechanical
  • RDA
  • RDA
Mt Baker Vapor
今回はMt Baker Vapor(マウントベイカーベイパー)のBad Apple(バッドアップル)のレビューです。 ディスコン済なのでチャ...