• Mechanical
  • RDA
  • RDA
  • Mechanical
  • RDA
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • RDA
  • RTA
  • RDA
  • Technical
  • RDTA
Gearbest  promotion

 

同じ名称の製品が色々出てませんかね?

 

私は詳しくないのですが確かAsMODusも同名で出してた気が...今回のは中国のそのものSnowWolfという名のメーカー製レギュレーテッドになります。

 

 

公式サイト

 

SNOWWOLF|SNOWWOLF 200W PLUS

 

 

ザックリ特色

 

18650デュアルバッテリーで最大出力235Wを発揮。
仕様のわりに小振りに造られているようです。
なにより見ためがステキなんですよ。

 

本記事はGearBestの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

[1/2]

スポンサードリンク

パッケージ&付属品

MOD本体は保護のため袋に包まれ、その下にある中底を外すと付属品が入っています。

 

 

付属品は以下の通り

  • 取扱説明書(英語/中文)
  • 保証証
  • USBケーブル

 

 

外観

本体。
寸法は縦:86×幅:24.5×奥:47mmと18650デュアルバッテリーのMODとしては小振り。
表面のパネルがとにかく映り込みが激しいんです。写真撮影にとても難儀したほど。

 

 

比較として同仕様の「DRAG」と定番「iStick PICO」と並べてみました。
同じデュアルバッテリーの「DRAG」よりかは一回り程度小さく、シングルバッテリー且つ小型に造られた「iStick PICO」より随分と大きい、そんなサイズとなっています。

 

 

とてもシンプルな外観に仕上げられています。
フレームは亜鉛製でパネルが両面にハメ込まれています。先の「DRAG」とかと同様のよくある構造ですね。
一般的なレギュレーテッドではスクリーンやプラス・マイナスといったサブボタンが設けられている側面も、本製品ではパフボタンとUSBポートのみ。

 

 

反対側面にいたっては何にもなし。
それにしてもレギュレーテッドなのでスクリーンやサブボタンは必要だろう。どこにあるのか?
ちゃんとありますパネル面に。それについては後ほど見ていくとして、外観をもう少し細かくみていきます。

 

 

パネル面の一方にはロゴが印字されています。なかなかさり気ない感じがツボってます。

 

 

パフボタン(ファイヤ)ボタンのボディからの突出は控えめで、滑り止めの加工も施されていて親切。
サイズとしては大き過ぎず小さい過ぎずで、ボディ横幅との見ためとしてのバランスを優先した感じも受けます。それだけ見ためは良い感じ。

 

 

アトマイザーとのコンタクト部、ベース直径は16.5mmと小さ目でエアフロー向けスリットが切られています。
スレッドは510でコンタクトピンはスプリング式の標準的な仕様です。
アトマイザーとのフィッティングは後で紹介します。

 

 

底にはベントホール(ガス抜き)が設けられ...ていると思ったら貫通していない穴なので飾りなのか?
その上部に見えるのがバッテリー側のパネルを開く際の取っ掛かりになっています。

 

 

バッテリーを入れてみる

パネルは適度に強めな磁力でくっついていますので、使用中に外れることは無いでしょう。

 

 

内部に直列接続である事やバッテリー向きもキチンと明記されており、入れ間違えることもないでしょう。勿論間違えて入れたら動作はしないです。

 

 

こういった複数本のバッテリーを用いる場合は同時期購入の同仕様品を使用しましょう。
最大出力235Wなんて使わないと思いますが、放電容量の多いバッテリーを推奨されています。

 

 

画面表示

パフボタン5クリックで電源入りました。何もなかった部分に表示が!
実際には何もなかったわけではなく、表示部にレクタングル状に微妙に色味が異なったエリアがあるのです。だけど暗めの屋内で見るとそれさえ見えないのですよ。
外形のみならずこういった部分も全てシンプルでミニマルさに拘った製品というわけです。

 

 

そして一般的なレギュレーテッドのサブボタンにあたるものはタッチ式となり、表示部と同一面に表示されます。
物理ボタンのような手応えは無いですが、感度も良くて使用に不都合はありませんね。

 

 

次項では操作説明から実際の使用

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


MOD, Technical, SnowWolfの関連記事
  • 24mmアトマイザーにピッタリなメカニカル「FUFDA PRO MECH MOD」by VAPJOY
  • リアルウッドの温もり「E118 Wood Box Mod」by Woody Vapes
  • 極小メカニカルMODの金字塔「Colibri」by AmerPoint
  • 極小MODのパイオニア「Mini Volt」by The Council of Vapor

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ブログ関連
こんにちは、Shuです。 レビューするネタが少ないのもあるけど更新も空いてしまっているので、今週の出来事でもまとめて(凌いで)みよう。   ...
VapeWild
米国製の良コスパなリキッドVapeWildから熟した苺となめらかクリームのブレンドがクセになる「(S+C)2」を味わってみました。...
スポンサードリンク