• RDA
  • RDA
  • RDTA
  • RDA
  • Starter Kit
  • RDA
  • RTA
  • Technical
  • Starter Kit
  • Technical
  • Technical
  • RDA
Gearbest  promotion

「Engine SUB」のリビルダブルバージョンなのかな?

 

本記事はGearBestの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

スポンサードリンク

パッケージ&付属品

箱は相変わらず簡素でコンパクト。これがいいんです。

 

 

内容物

  • Engine Nano RTA 本体
  • 予備ガラスチューブ
  • 予備Oリング
  • プリメイドコイル(クラプトン)
  • コットン
  • アレンキー(六角レンチ)
  • 取扱説明書

 

 

外観

ベース色はマットブラックで塗装は凄く綺麗。
安っぽさがまったく見当たらないですねー。
価格から考えて他社とは一線を画している、と言えば言い過ぎか...
しかし、ちょっと驚く質の高さです。
他にシルバーもありますよ。

 

 

5ピース構成[L→R]
デッキ / ガラスチューブ / フレーム / チャンバー / ドリップチップ

 

順に見ていきます。

ドリップチップはやや太め、"POM製"で接続は一般的な"510"となっています。

 

 

チャンバーとトップキャップが一体となった構造です。
『OBS』のロゴ上にAFC(エアフローコントロール)が存在します。
このAFCを回す際の手応えが滑らかで良いですね。とても高精度に感じます。

 

 

チャンバー反対側はプロペラ?のマーク。
小さく"UP"と描かれた上にジュース供給口が隠されています。
画像のように『OBS』のロゴがあるリングを持ち上げると現れる仕様となっています。

 

 

ひっくり返すとチャンバー縁に2つの突起があります。

 

 

突起の役目としては、トップで吸気して降りてきたエアーの出口がチャンバーに空けられていまして、デッキに組み付ける際の位置決め用となります。
こちら側のホールはオーバル型。後述しますがコイル正面側となります。

 

 

チャンバー内の対面は丸いエアホールとなっています。

 

 

前述のエアホールの仕組みもあって、チャンバーも2重構造になっているんです。

画像で見ててもピンと来ないと思いますが、凄く綺麗な仕上げなんですよ。
以前レビューした同社製RDA「Cheetah」でも感じましたが、内部形状まで拘っていて素晴らしい。
チムニー入り口、なんて綺麗なんだ。

 

 

ガラスチューブとそれを保持するフレームパーツになります。
これらに特筆点はないかな。

 

 

デッキはシングルコイルでのビルド専用。
かなり広めのワイヤーホールですね。
デッキ自体が僅かに浮かせてあり、補充されたリキッドを下から吸い上げる方式がとられています。
これはかなりビルドも簡単でしょう。

 

 

コンタクトピンは固定式。
出代は画像通りです。
コレくらい出ていればそうそう問題は起こらないんじゃないかな。

 

さてビルドしていく前に洗います。

Shu
使用前にはよく洗浄しましょう

 

 

ビルドしてみる

付属のプリメイドコイルは使用せずに、今回はこんなワイヤーを使用します。3本のワイヤーを別のワイヤーで巻いたタイプのクラプトンになりますので巾が広いです。
内径は3mmとなっています。

 

 

こんな巾のあるワイヤーも余裕で咥え込む。爆煙指向なデッキといえるかもしれないです。

 

 

コイルの高さは普通に組んだコレくらいにしてみました。
前述のチャンバーに空いたエアホールと合わせるべきでしょうが、見えないんですよね。チャンバー2重構造の内側だけに空いているので。

 

 

ドライバーンしてコイルにコットン通して、デッキのジュースホールから底に向けてコットンの足を落とします。
ちょっと長すぎたかな。まぁ、このままいきましょう。
抵抗値は0.3Ωと低いです。

 

 

この時点でリキッドを垂らしておきます。

 

 

フレームを装着します。
スレッドになっているのでデッキに回して装着し、ガラスチューブを被せます。

 

 

 

チャンバーを装着しますが、前述通り、内部エアホールのオーバル型のほうをコイル側に装着します。

 

 

ドリップチップまで装着します。

 

 

供給口からタンクに補充しておきます。
これに関してはノズルタイプのボトルの方がいいですね。
画像のようなドロッパーだと補充に時間が掛かります。

 

 

吸ってみる

以降は筆者の感想です

Shu
準備が整いましたので吸ってみます♪

まずは、エアホール全開にて。

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

ドロー軽いね。
エアホール3方向にあるうえ大きいので、とても軽い。

AFC調整して1/6開まで絞ります。

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

うん、これでもやや軽い。

これは、シュゴーーっと吸って、ブハァワァーっと吐くような、爆煙系アトマイザーですね。

ただし、味はとても出てくれます。
タンクでこれだけ濃密な風味が得られるなら十二分かと。

ちょっと今回のビルドのコットン量多かったので、ドライ気味になりました。
なので一度組み直して、コットンがタンク底に付くかどうかという長さにしたところ、まったくイガらなくなりました。
それほどシビアなウィッキングも求められないですねー。

 

 

まとめ

それにしても「Nano」という名称はなんなのか?だって25mm径もあってリキッド保持量5ml以上ですからね。
全然"ナノ"じゃない気が...それはともかく非常に優秀な製品です。

 

重いドローでチビチビ吸いたいタイプの方には合わないかもしれないです。私も本来そのタイプなのですが、いやーこれはもう凄すぎ。普段吸う際のメイン機となりそうです。
上のイメージ図ではクラウドよりの表現としましたが、味もしっかり出るんですよ。

トップエアフローのため基本的にリキッドのリーク(漏れ)無し。
太いワイヤーもOKなシングルデッキでビルドも簡単。コットンの処理も非常にラクです。
味も相当出るし、リキッド補充も専用スロットから入れるだけ。表面の質感やスレッド精度など、非常に優秀です。

凄い。隙がない。あ、そうそう、価格だってお求めやすい。Cheetah」もそうだったけど、OBS凄いメーカーです。

 

 

製品仕様

メーカーOBS
材質304SS
タンク素材Pyrex Glass
径(mm)25
高さ(mm)54.5
重量(g)52
ジュース保持量(ml)5.3
ポスト数2
ワイヤーホール数2
センターピン調整不可
MOD接続スレッド510
ドリップチップ交換

 

ご購入はこちら

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


Atomizer, RTA, OBSの関連記事
  • 「Dead Rabbit RDA」by Hellvape
  • クランプ搭載24mmのチーター「Cheetah Ⅱ RDA」by OBS
  • クリアロマイザー「MELO 3 Nano」by Eleaf
  • シングルで22mmなBF対応RDA「Wasp Nano RDA」by OUMIER

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Quacks Juice Factory
今回はDIY用のフレーバーベースのレビューです。 本品30mlにVGを足して計150ml分のリキッドを作成可能です。 超絶コスパで非常にお得...
スポンサードリンク