• RDA
  • RDA
  • Clearomizer
  • RDTA
  • Technical
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • RDA
  • RTA
  • RTA
  • RDA
  • Mechanical
Gearbest  promotion

昨今いくつかのメーカーが販売しているキット品

レビューするのはGeek Vape製

 

本記事はGearBestの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

[1/2]

 

 

スポンサードリンク

ざっくり特徴

  • RDA+メカニカルMOD 
  • 25mm 

 

 

パッケージ&付属品

中底の下にアトマイザー向けの付属品の袋と取説が入っています。

 

 

外観

マットな黒色。
キットなのでアトマイザーとMODの色味は合わせてありますが、画像通り質感が異なります。

 

 

コンタクト部

スレッド部は2種付属していて、画像はハイブリッド用。

もう一つは後で見ます。

 

 

パフボタン

パフボタンはソロモンの紋章と歯車みたいなロゴとなっています。

 

 

外してみます。

 

 

パフボタンはマグネット式。

押し込みストロークは"浅め"で、反発力は適度な重さで私的には丁度良い。
大抵の男性なら問題ない”重さ”かと思われます。

 

 

黒い外側のリングはバッテリーと接するため絶縁材となっていて、装着時はバッテリー丈に応じて沈み込む仕組みとなっています。
そのためバッテリーがチューブ内でカタつく事はありません。

そして、パフボタンを押すことにより中央の端子がバッテリーの負極に触れて通電することとなります。

 

 

スリーブ

本体チューブ内部は絶縁材がはめ込まれています。

バッテリー皮膜に破れ等があった場合の保険でしょうけど、そういったバッテリーは直ぐに適切に廃棄するべきで、使用してはいけませんね。

 

 

スリーブはOリングで保持されているので適度な力でスポッと引き抜けます。

 

 

アトマイザーとのコンタクト部は回して外せます。

 

 

こちらが接点を備えた中継アダプター。

 

 

内部はバッテリー接点と適切に触れる点以外は絶縁材で覆われており、短絡し辛い構造となっています。

 

 

本体に装着するとこんな感じ。

ハイブリッド用より丈は伸びてしまいますが、安全性を重視したい場合はこっちでしょうか。

 

 

しかし残念ながら私の個体はバッテリー挿入後、コンタクピンが折れてしまいました。

これで私はハイブリッド接続でしか使用出来ないわけですね。

 

Shu
なんという脆い造り。。

 

これは大きくマイナスですな。
って、こんなにポッキリ折れる材質使うものなのか?

 

 

本体のベントホールはバフボタン側に小さいのがポツポツと空いています。

 

次はアトマイザー「Tsunami Pro RDA」を見ていきます。

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


MOD, Mechanicalの関連記事
  • ミニマル外観のハイパワーMOD「SnowWolf 200W Plus」by SnowWolf
  • メカニカルみたいなチューブ型レギュレーテッド「MOD101」by EHPRO
  • 極小MODのパイオニア「Mini Volt」by The Council of Vapor
  • 180Wでタッチスクリーン&カーブモード搭載!「Minikin2」by asMODus

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサードリンク